一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)コーヒー加工工場の労働者における閉塞性細気管支炎 ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/04/26Vol. 62 / No. 16

MMWR62(16): 305(307
Obliterative Bronchiolitis in Workers in a Coffee-Processing Facility ( Texas, 2008-2012

コーヒー加工工場の労働者における閉塞性細気管支炎 -テキサス州、2008~2012年

閉塞性細気管支炎を発症した小規模コーヒー加工工場の従業員2名について報告する。1例目は34歳女性、非喫煙者で生来健康であった。2007年10月よりコーヒー加工工場に勤務し、炒ったコーヒー豆を液体香味料と混ぜ、挽いた後に包装する作業を行っていたが、2008年11月に咳、労作性の息切れおよび喘鳴のため受診、さらに疲労感、喉の乾燥や渇き、めまいを来した。肺機能検査にて重度の閉塞応答を認めたため入院し、抗ヒスタミン薬、吸入ステロイドおよび喘息時の気管支拡張薬投与下にて退院した。しかし症状は増悪し、1年後、開胸肺生検により閉塞性細気管支炎と診断された。2012年4月の時点で症状は持続、現在、肺移植待機状態にある。2例目は39歳男性、生来健康で非喫煙者であった。2009年10月よりコーヒー加工工場に勤務し、液体香味料を炒ったコーヒー豆と混合する作業を行っていたが、2011年4月、労作性呼吸困難から息切れを来した。気管支炎と診断され、ステロイドが投与されたが改善せず、2011年12月、呼吸器科医を受診した。咳、体重減少および目の痛みがあり、吸入ステロイドも奏効せず、開胸肺生検により閉塞性細気管支炎と診断された。2012年5月の時点で咳は改善するも労作性の息切れは増悪、夜間の疲労感も強い。2例とも初期症状は咳と労作性の息切れであり、ステロイドおよび気管支拡張薬は無効で、開胸肺生検により閉塞性細気管支炎と診断された。これまでにコーヒー加工業の労働者が閉塞性細気管支炎を来したとの報告はなく、今後、香料化学物質を取り扱う全ての業種にて閉塞性細気管支炎のリスクを考慮すべきと考える。

References

  • Kanwal R. Bronchiolitis obliterans in workers exposed to flavoring chemicals. Curr Opin Pulm Med 2008;14:141-6.
  • CDC. Fixed obstructive lung disease in workers at a microwave popcorn factory-Missouri, 2000-2002. MMWR 2002;51:345-7.
  • CDC. Fixed obstructive lung disease among workers in the flavor-manufacturing industry-California, 2004-2007. MMWR 2007;56:389-93.
  • Day G, LeBouf R, Grote A, et al. Identification and measurement of diacetyl substitutes in dry bakery mix production. J Occup Environ Hyg 2011;8:93-103.
  • Hubbs AF, Cumpston AM, Goldsmith WT, et al. Respiratory and olfactory cytotoxicity of inhaled 2,3-pentanedione in Sprague-Dawley rats. Am J Pathol 2012;181:829-44.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Draft criteria for a recommended standard: occupational exposure to diacetyl and 2,3-pentanedione. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docket/archive/docket245.html. >
  • Occupational Safety and Health Administration. Sampling and analytical methods: acetoin and diacetyl. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 2008. Available at <http://www.osha.gov/dts/sltc/methods/validated/1012/1012.html. >
  • Daglia M, Papetti A, Aceti C, Sordelli B, Spini V, Gazzani G. Isolation and determination of alpha-dicarbonyl compounds by RP-HPLC-DAD in green and roasted coffee. J Agric Food Chem 2007;55:8877-82.
  • Akiyama M, Murakami K, Ohtani N, et al. Analysis of volatile compounds released during the grinding of roasted coffee beans using solid-phase microextraction. J Agric Food Chem 2003;51:1961-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ