一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)自動車事故に関連した歩行者の死亡 -アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2013/04/19Vol. 62 / No. 15

MMWR62(15): 277(282
Motor Vehicle Traffic-Related Pedestrian Deaths ( United States, 2001-2010

自動車事故に関連した歩行者の死亡 -アメリカ、2001~2010年

アメリカにおいて、自動車事故は不慮の外傷による死亡の主な原因であり、2010年では33,687人が死亡している。全ての旅行のうち徒歩旅行は10.5%を占め、歩行者は全ての自動車事故による死亡の13%にあたる。CDCは、National Vital Statistics System(NVSS)の2001~2010年のデータを分析し、性別、年齢グループ、人種/民族、都会化レベル別に自動車事故による歩行者の死亡率(10万人あたり、年齢で調整)を算出した。2001~2010年間に合計47,392人が死亡し、年換算死亡率は1.58であった。年換算死亡率は年齢とともに上昇し、男性では85歳以上(6.35)、75歳~84歳(4.53)の順に高く、0~14歳(0.83)で最も低かった。女性では75歳~84歳(2.43)、85歳以上(2.16)の順に高く、0~14歳(0.43)で最も低かった。人種/民族別の死亡率は人種/民族により異なり、アメリカインディアン/アラスカ原住民(AI/AN)で最も高く(男性:7.73、女性:2.22)、白人で最も低かった(男性:1.78、女性:0.79)。都市化別の検討では、大都市圏中心エリアで男女共に最も死亡率が高く、大都市圏中心エリアの35歳以上では他のエリアの同年齢よりも有意に高率であった。これらの結果は、歩行者の死亡が加齢および人種/民族の多様性の高まりと共に増加していることを示唆している。また、高齢者では慢性疾患、身体障害、虚弱の有病率が高いことと、年齢に伴う認知機能、視覚、身体機能の低下がリスクを上昇させていると考えられる。2006年のデータでは、歩行中および自転車乗車中に自動車事故で死亡したAI/ANは、他の人種/民族と比較して、一定レベル以上の血中アルコール濃度(0.8g/dL以上)が検出される割合が高かった。今後、高齢者および少数民族の割合は増加すると予測されることから、歩行者の死亡を予防するための戦略には、高齢者および民族/人種間の文化的な違いを考慮する必要がある。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html. >
  • Pucher J, Buehler R, Merom D, Bauman A. Walking and cycling in the United States, 2001-2009: evidence from the National Household Travel Surveys. Am J Public Health 2011;101(Suppl 1):S310-7.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts, 2010 data: pedestrians. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2012. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/811625.pdf. >
  • Zhu M, Zhao S, Coben JH, Smith GS. Why more male pedestrians die in vehicle-pedestrian collisions than female pedestrians: a decompositional analysis. Inj Prev 2012;0:1-5.
  • National Highway Traffic Safety Administration. National pedestrian crash report. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2008. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/810968.pdf. >
  • Avineri E, Shinar D, Susilo YO. Pedestrians’ behaviour in cross walks: the effects of fear of falling and age. Accid Anal Prev 2012;44:30-4.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts, 2006 data: race and ethnicity. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2009. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/810995.pdf. >
  • Chen C, Lin H, Loo BP. Exploring the impacts of safety culture on immigrants’ vulnerability in non-motorized crashes: a cross-sectional study. J Urban Health 2012;89:138-52.
  • LaValley J, Crandall CS, Banks L, Sklar DP, Boodlal L. Rural and urban fatal pedestrian crashes among United States American Indians and Alaskan Natives. Annu Proc Assoc Adv Automot Med 2003;47:127-43.
  • Rosenberg HM, Maurer JD, Sorlie PD, et al. Quality of death rates by race and Hispanic origin: a summary of current research, 1999. Vital Health Stat 2 1999;128:1-13.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ