一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)食品を媒介した病原体による感染症の発生率とその傾向・・・

MMWR抄訳

rss

2013/04/19Vol. 62 / No. 15

MMWR62(15): 283(287
Incidence and Trends of Infection with Pathogens Transmitted Commonly Through Food ( Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. Sites, 1996-2012

食品を媒介した病原体による感染症の発生率とその傾向 -アメリカ国内10ヶ所のFoodborne Diseases Active Surveillance Network、1996~2012年

アメリカにおいて、食品媒介疾患は重大な公衆衛生上の問題である。Foodborne Diseases Active Surveillance Network(FoodNet)は、1996年よりアメリカの人口の15%をカバーする10ヶ所において、食品を媒介して感染する特定の病原体による感染症の調査と発生率のモニタリングを実施している。2012年において、FoodNetが臨床検査により確定した感染は、19,531例であった。病原体ごとの感染症例数と人口10万人あたりの発生率は、Salmonella (7,800例;16.42)、Campylobacter (6,793例;14.30)、Shigella (赤痢菌)(2,138例;4.50)、Cryptosporidium (1,234例;2.60)、志賀毒素産生大腸菌(STEC)non-O157(551例;1.16)、STEC O157(531例;1.12)、Vibrio (193例;0.41)、Yersinia (155例;0.33)、Listeria (121例;0.25)、Cyclospora (15例;0.03)であった。従来どおり、CryptosporidiumおよびListeriaVibrio以外の病原菌による感染の発生率は5歳未満の小児で最も高く、ListeriaVibrioの感染は65歳以上で最も増加した。2012年における推定発生率は、2006~2008年と比べ、CampylobacterおよびVibrioでは各14%および43%増加したが、その他の病原体に変化はなかった。2012年の主な6種の病原菌(Campylobacter、Listeria、Salmonella、STEC O157、VibrioYersinia)の発生率は、1996~1998年よりも22%低下し、2006~2008年とは同等であった。2011年において、18歳未満の下痢を伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)は63例(10万人あたり0.57例)で、このうち52%が5歳未満であったが、2006~2008年と比べ有意に低下した。2012年には、FoodNetは4,563例の入院および68例の死亡を確認した。入院率は15%(Campylobacter)~96%(Listeria)、死亡率は0%(YersiniaCyclospora)~11%(Listeria)で、65歳以上で最も上昇した。食品を媒介した感染症の発生を減少させるために、食品汚染の軽減と新規手法の開発に対する施策が必要であり、生産者、食品産業、規制当局、外食産業、消費者、公衆衛生専門家がそれぞれの役割を果たすべきである。

References

  • Henao OL, Scallan E, Mahon B, Hoekstra RM. Methods for monitoring trends in the incidence of foodborne diseases: Foodborne Diseases Active Surveillance Network 1996-2008. Foodborne Pathog Dis 2010;7:1421-6.
  • Henao OL, Crim SM, Hoekstra RM. Calculating a measure of overall change in the incidence of selected laboratory-confirmed infections with pathogens transmitted commonly through food, Foodborne Diseases Active Surveillance Network (FoodNet), 1996-2010. Clin Infect Dis 2012;54(Suppl 5):S418-20.
  • Samuel MC, Vugia DJ, Shallow S, et al. Epidemiology of sporadic Campylobacter infection in the United States and declining trend in incidence, FoodNet 1996-1999. Clin Infect Dis 2004;38(Suppl 3):S165-74.
  • Friedman CR, Hoekstra RM, Samuel M, et al. Risk factors for sporadic Campylobacter infection in the United States: a case-control study in FoodNet sites. Clin Infect Dis 2004;38(Suppl 3):S285-96.
  • Taylor EV, Herman KM, Ailes EC, et al. Common source outbreaks of Campylobacter infection in the USA, 1997-2008. Epidemiol Infect 2012;15:1-10 [Epub ahead of print].
  • Newton A, Kendall M, Vugia DJ, Henao OL, Mahon BE. Increasing rates of vibriosis in the United States, 1996-2010: review of surveillance data from 2 systems. Clin Infect Dis 2012;54(Suppl 5):S391-5.
  • Altekruse SF, Bishop RD, Baldy LM, et al. Vibrio gastroenteritis in the US Gulf of Mexico region: the role of raw oysters. Epidemiol Infect 2000;124:489-95.
  • DePaola A, Jones JL, Noe KE, Byars RH, Bowers JC. Survey of postharvest-processed oysters in the United States for levels of Vibrio vulnificus and Vibrio parahaemolyticus. J Food Prot 2009;72:2110-3.
  • Dechet AM, Yu PA, Koram N, Painter J. Nonfoodborne Vibrio infections: an important cause of morbidity and mortality in the United States, 1997-2006. Clin Infect Dis 2008;46:970-6.
  • Cronquist AB, Mody RK, Atkinson R, et al. Impacts of culture-independent diagnostic practices on public health surveillance for bacterial enteric pathogens. Clin Infect Dis 2012;54(Suppl 5):S432-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ