一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)固形臓器移植を介した糞線虫感染 -ペンシルベニア州・・・

MMWR抄訳

rss

2013/04/12Vol. 62 / No. 14

MMWR62(14): 264-266
Transmission of Strongyloides stercoralis Through Transplantation of Solid Organs - Pennsylvania, 2012

固形臓器移植を介した糞線虫感染 -ペンシルベニア州、2012年

糞線虫は熱帯および亜熱帯地方固有の腸管線虫であり、免疫不全患者では超感染症候群や播種性疾患を来し、致死率は50%を超える。2012年10月、United Network for Organ Sharing (UNOS)はペンシルベニア州の左腎および膵臓レシピエントが糞線虫症と診断されたとCDCに報告した。ここでは臓器移植レシピエントに関する調査の結果を報告する。ドナーはプエルトリコ出身ヒスパニック系の24歳男性、複数の銃弾を受け救命救急部に入院、9日後に死亡したため、心臓、腎臓、膵臓および肝臓が4人のレシピエントに移植された。腎臓と膵臓が移植された糖尿病末期腎不全の64歳男性レシピエントは、移植の9週後に重度の悪心、食欲不振、腹部膨満を来し入院、便から糞線虫の成虫、尿から幼生が検出され、糞線虫症と診断された。これを受けて腎臓が移植された片側異形成腎による末期腎不全の14歳男児を移植10週後に検査したところ、同じく糞線虫症と診断された。この2例はイベルメクチンとアルベンダゾール投与により生存している。肝臓が移植された慢性C型肝炎による肝不全の66歳男性は、術後4日目に心停止を来し死亡、解剖検査では糞線虫感染のエビデンスは認められていない。また、心臓が移植された虚血性心筋症の59歳男性は、術後11日目に退院するも多臓器拒絶を来し、大量のステロイドが投与された。術後7週目、発熱および呼吸器疾患のため再入院し、ウイルス性呼吸器疾患と診断された。オセルタミビル、抗生物質および抗真菌薬が投与されたが、入院3日目の気管支鏡検査にて糞線虫の幼生が認められ、イベルメクチンとアルベンダゾールが投与されたが、グラム陰性および腸球菌性菌血症と耐性腸球菌性髄膜炎を来し、移植から11週後に死亡した。ドナーに関して糞線虫感染は考慮されず、臓器摘出に際して検査は行われていなかった。今回の事例から、移植前に移植感染症に関する検査を行う必要性が示された。

References

  • Roxby AC, Gottlieb GS, Limaye AP. Strongyloidiasis in transplant patients. Clin Infect Dis 2009;49:1411-23.
  • Cappello M, Hotez PJ. Intestinal nemaodes: Strongyloides stercoralis and Strongyloides fuelleborni. In: Long S, Pickering LK, Prober CG, eds. Principles and practice of pediatric infectious diseases. 3rd ed. Philadelphia, PA: Churchill Livingstone-Elsevier; 2008.
  • CDC. Parasites-Strongyloides: resources for health professionals. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Resources, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/parasites/strongyloides/health_professionals/index.html. >
  • Hamilton KW, Abt PL, Rosenbach MA, et al. Donor-derived Strongyloides stercoralis infections in renal transplant recipients. Transplantation 2011;91:1019-24.
  • Weiser JA, Scully BE, Bulman WA, Husain S, Grossman ME. Periumbilical parasitic thumbprint purpura: Strongyloides hyperinfection syndrome acquired from a cadaveric renal transplant. Transpl Infect Dis 2011;13:58-62.
  • Fischer SA, Avery RK; AST Infectious Disease Community of Practice. Screening of donor and recipient prior to solid organ transplantation. Am J Transplant 2009;9(Suppl 4):S7-18.
  • Anonymous. Screening of donor and recipient prior to solid organ transplantation. Am J Transplantation 2004;4(Suppl 10):10-20.
  • Genta RM. Predictive value of an enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) for the serodiagnosis of strongyloidiasis. Am J Clin Path 1988;89:391-4.
  • Organ Procurement and Transplantation Network. Identification of transmissible diseases in organ recipients. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Health Resources and Services Administration, Organ Procurement and Transplantation Network; 2010. Available at <http://optn.transplant.hrsa.gov/policiesandbylaws2/policies/pdfs/policy_16.pdf.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ