一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)野生動物の狂犬病管理として配散された経口狂犬病ワク・・・

MMWR抄訳

rss

2013/04/12Vol. 62 / No. 14

MMWR62(14):267-269
Human Contacts with Oral Rabies Vaccine Baits Distributed for Wildlife Rabies Management - Ohio, 2012

野生動物の狂犬病管理として配散された経口狂犬病ワクチンの人間への接触-オハイオ州、2012年

2012年8月、U.S. Department of Agriculture’s Animal and Plant Health Inspection Serviceは、Wildlife Servicesプログラムとしてオハイオ州を含む5つの州で新規狂犬病ワクチンを含む餌を配散する社会実験を開始した。ワクチンは生の組み換えヒトアデノウイルス5型ベクターで狂犬病ウイルス糖タンパク質AdRG1.3を発現するOnrabと生の組み換えワクシニアベクターで狂犬病ウイルス糖タンパク質V-RGを発現するRaboral V-RGの2種類が使用された。8月23日~9月7日、計776,921個のワクチンを含む餌(AdRG1.3:272,034個、V-RG:504,887個)がオハイオ州の都市部には車で、地方には飛行機で4,379平方マイル(11,341平方km)に配散された。8月24日~9月12日の間に計89個(AdRG1.3:15、V-RG:74)が一般市民に発見され、そのうち人間が接触した55個(AdRG1.3:14、V-RG:41)中、27個はワクチン曝露の可能性があるが、有害事象は報告されていない。人間との接触に関する報告数は48件(1件の報告で1人以上との接触が報告された)であり、うち38件(79%)は家畜(全てイヌ)が関わっており、有害事象として、AdRG1.3を含む餌が一時的にイヌの気道を閉塞したが生存したとの報告が1件、V-RGを含む餌を食べたイヌが吐き戻したとの報告が2件あった。狂犬病の動物は90%以上が野生動物であり、アライグマ、コヨーテ、キツネなどが多い。これらの野生動物による狂犬病ウイルス感染の予防には経口ワクチンの配散が有効であるため、人間との接触に関するサーベイランスを継続し、ワクチンを含む餌と人間との接触を回避させる必要性が示唆された。

References

  • Slate D, Algeo TP, Nelson KM, et al. Oral rabies vaccination in North America: opportunities, complexities, and challenges. PLoS Negl Trop Dis 2009;3:e549.
  • Animal and Plant Health Inspection Service. USDA expands field trials of new oral rabies vaccine for use in raccoons and other wildlife in 5 states.Washington, DC: US Department of Agriculture, Animal and Plant Health Inspection Service; 2012. Available at <http://www.aphis.usda.gov/newsroom/2012/08/rabies_vaccine_expanded.shtml. >
  • Roess AA, Rea N, Lederman E, et al. National surveillance for human and pet contact with oral rabies vaccine baits, 2001-2009. J Am Vet Med Assoc 2012;240:163-8.
  • Blanton J, Dyer J, McBrayer J, Rupprecht C. Rabies surveillance in the United States during 2011. J Am Vet Med Assoc 2012;241:712-22.
  • Rupprecht CE, Blass L, Smith K, et al. Human infection due to recombinant vaccinia-rabies glycoprotein virus. N Engl J Med 2001; 345:582-6.
  • CDC. Human vaccinia infection after contact with a raccoon rabies vaccine bait-Pennsylvania, 2009. MMWR 2009;58:1204-7.
  • Wold WSM, Horwitz MS. Adenoviruses. In: Knipe DM, Howley PM, eds. Fields virology. 5th ed. Philadelphia, PA: Lippincott Williams and Wilkins; 2007.
  • Rosatte RC, Donovan D, Davies JC, et al. Aerial distribution of ONRAB baits as a tactic to control rabies in raccoons and striped skunks in Ontario, Canada. J Wildl Dis 2009;45:363-74.
  • Rosatte RC, Donovan D, Davies JC, et al. High-density baiting with ONRAB rabies vaccine baits to control Arctic-variant rabies in striped skunks in Ontario, Canada. J Wildl Dis 2011;47:459-65.
  • Animal and Plant Health Inspection Service. Ohio ORV distribution data, 2012. Washington, DC: US Department of Agriculture, Animal and Plant Health Inspection Service; 2013. Available at <http://www.aphis.usda.gov/wildlife_damage/oral_rabies/oral_rabies_info_by_state/ ohio/index.shtml.>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ