一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)1~5歳児の血中鉛濃度 -アメリカ、1999~20・・・

MMWR抄訳

rss

2013/04/05Vol. 62 / No. 13

MMWR62(13): 245-248
Blood Lead Levels in Children Aged 1-5 Years - United States, 1999-2010

1~5歳児の血中鉛濃度 -アメリカ、1999~2010年

小児において鉛汚染の健康への有害な影響はよく知られているが、小児の安全な血中鉛濃度(BLL)は確認されていない。CDCは、鉛汚染の有害な影響のリスク下にある1~5歳児の人数の推定および予防策の効果を評価するために、National Health and Nutrition Examination Survey(NHANES)のデータを4年ずつ統合 (1999~2002年、2003~2006年、2007~2010年)して解析した。現在、1~5歳児のBLL基準範囲の上限値は、NHANESの2007~2008年サイクルと2009~2010年サイクルのデータを統合した分布の97.5パーセンタイル値から5μg/dLと定義されているため、BLL>=5μg/dLを高BLLと定義し、BLLの相乗平均(GM BLL)および95%信頼区間(CI)を算出した。人口統計的カテゴリー[年齢、性別、人種/民族、住居の築年数、poverty income ratio(PIR、総年間家計所得/連邦政府の貧困閾値)、メディケイドの加入状態]に基づいて解析を行い、グループ間における高BLLリスクの長期間の格差を算出した。2007~2010年のNHANESサイクルでは高BLLは2.6%で、535,000人と推定された。GM BLLは、非ヒスパニック系黒人(1.8μg/dL、95%CI=1.6~1.9)が非ヒスパニック系白人(1.3μg/dL、95%CI=1.1~1.4)またはメキシコ系アメリカ人(1.3μg/dL、95%CI=1.2~1.4)よりも有意に高かった。また、GM BLL は、年少、PIR<1.3の家庭、メディケイド加入の小児で、それぞれ他グループと比べ有意に高かった。以上、車の排ガス、家の塗装、空気、水、商品等から鉛を排除する国、州、地区の取り組みにより、この12年間で小児のBLLは著明に低下し、高BLLの割合は全体で低下したが、人種/民族間および所得グループ間の差は持続しており、アメリカの小児の平均BLL低下を目標としたHealthy People 2020(EH-8.2)の達成には課題が残っている。

References

  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxicological profile for lead. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2007. Available at http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp13.pdf.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020: topics and objectives index. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2012. Available at http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020.
  • CDC. Preventing lead poisoning in young children. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 1991. Available at http://www.cdc.gov/nceh/lead/publications/books/plpyc/contents.htm.
  • CDC Advisory Committee on Childhood Lead Poisoning Prevention. Low level lead exposure harms children: a renewed call for primary prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/nceh/lead/acclpp/final_document_030712.pdf.
  • CDC. Laboratory procedure manual for the analysis of lead, cadmium and mercury by icp-drc-ms in whole blood. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2009. Available at http://www.cdc.gov/nchs/data/nhanes/nhanes_09_10/pbcd_f_met.pdf.
  • CDC. National Health and Nutrition Examination Survey 2007-2008 data documentation, codebook, and frequencies. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2009. Available at http://www.cdc.gov/nchs/nhanes/nhanes2007-2008/pbcd_e.htm.
  • Pirkle JL, Brody, DJ, Gunter EW, et al. The decline of blood lead levels in the United States: the National Health and Nutrition Examination Surveys (NHANES). JAMA 1994;272:284-91.
  • Jones R, Homa D, Meyer P, et al. Trends in blood lead levels and blood lead testing among U.S. children aged 1 to 5 years: 1998-2004. Pediatrics 2009;123:e376-85.
  • CDC. Blood lead levels-United States, 1999-2002. MMWR 2005; 54:513-6.
  • CDC. CDC response to Advisory Committee on Childhood Lead Poisoning Prevention recommendations in “Low Level Lead Exposure Harms Children: A Renewed Call of Primary Prevention.” Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/nceh/lead/acclpp/cdc_response_lead_exposure_recs.pdf.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ