一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)輸入後の2つの麻疹アウトブレイク -ユタ州、201・・・

MMWR抄訳

rss

2013/03/29Vol. 62 / No. 12

MMWR62(12): 222-225
Two Measles Outbreaks After Importation - Utah, March-June 2011

輸入後の2つの麻疹アウトブレイク -ユタ州、2011年3~6月

アメリカでは1951~1962年の間、麻疹症例が年平均50万例以上報告されていたが、1963年に麻疹ワクチンが承認され、その後1993年までの報告数は312例に減少している。2000年、ユタ州にてアウトブレイクが発生したのを最後にアメリカでは風土病ではないと宣言されているが、麻疹の輸入は継続して認められ、ワクチン未接種例でのアウトブレイクが発生している。2011年3~6月、ユタ州にて2つのアウトブレイクが発生、13例の発症が確認された。1つ目のアウトブレイクは、ソルトレイク郡に住むワクチン未接種の16歳が3日間の喉の痛みと発熱(38.7℃)の後、全身に発疹が発現し受診した。4月5日に採取した血清検体が麻疹免疫グロブリン(IgM)陽性を示し、アウトブレイクの初例としてSalt Lake Valley Health Department(SLVHD)に報告された。7日にSLVHDは麻疹発症例を確認したと発表した。また、ヨーロッパを3月3~17日に旅行したワクチン未接種の15歳が全身発疹(3月21日発現)、発熱(39.8℃)、咳、鼻風邪および結膜炎を来し、3月末に受診、4月8日に採取した血清検体が麻疹IgM陽性を示した。この症例は3月21日まで通学しており、さらに5例での発症が確認された。2つ目は5月24日、キャッシュ郡に住むワクチン接種の7歳女児が全身の発疹(5月23日発現)と発熱(38.6℃)を来した。州外への旅行、発疹疾患例との接触がなく、原因は不明であるが、26日に採取した血清検体が麻疹IgM陽性を示した。31日、Bear River Health Departmentは麻疹発症例を確認したと発表した。女児の両親が曝露後ワクチン接種を拒否したため、この症例の2人の兄弟が発症、さらにキャッシュ郡にて2例、ミラード郡にて1例(いずれも家族)にて発症を認めた。これらの発症例(計13例)は年齢5~48歳、ともに遺伝子型D4が検出され、9例がワクチン未接種例(うち2例が入院)、感染源は旅行:1、家庭:8、学校:3、不明:1であった。今回のアウトブレイクでは患者と接触のあった約13,000人に通知、約8,700人のワクチン接種記録が調べられ、IgG抗体検査を253名に行い、484名にMMRワクチン、28名に麻疹免疫グロブリンが曝露後接種された。

References

  • CDC. Summary of notifiable diseases, United States, 1993. MMWR 1993;42(53).
  • Katz SL, Hinman AR. Summary and conclusions: measles elimination meeting, 16-17 March 2000. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S43-7.
  • CDC. Measles-United States, 2011. MMWR 2012;61:253-7.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. Public health reporting and national notification for measles. CSTE Position Statement 09-ID-48. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2009. Available at http://c.ymcdn.com/sites/www.cste.org/resource/resmgr/ps/09-id-48.pdf.
  • World Health Organization. Measles outbreaks in Europe. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at http://www.who.int/csr/don/2011_04_21/en/index.html.
  • World Health Organization. Measles virus nomenclature update: 2012. Wkly Epi Rec 2012;87:73-80.
  • Utah Department of Health. Immunization coverage report-state of Utah: 2011. Salt Lake City, UT: Utah Department of Health; 2011. Available at http://www.immunize-utah.org/pdf/2011%20imm%20cov%20rpt/2011%20imm%20coverage%20report.pdf.
  • Alaska Health and Social Services. False positive laboratory test results for measles-some disease actually parvovirus B19. State of Alaska epidemiology bulletin no. 26, November 16, 1994. Anchorage, AK: Alaska Health and Social Services; 1994. Available at http://www.epi.alaska.gov/bulletins/docs/b1994_26.htm.
  • CDC. False-positive measles test-Maine, February 2012. MMWR 2012;61:396.
  • CDC. Measles [Chapter 7]. In: Manual for the surveillance of vaccine-preventable diseases. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/surv-manual/chpt07-measles.html.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ