一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)前糖尿病状態の認識-アメリカ、2005~2010年

MMWR抄訳

rss

2013/03/22Vol. 62 / No. 11

MMWR62(11):209-212
Awareness of Prediabetes - United States, 2005-2010

前糖尿病状態の認識-アメリカ、2005~2010年

2010年、アメリカでは20歳以上の成人の約1/3(7,900万人)が血糖値およびヘモグロビンA1c(HbA1c)濃度が正常値を超えるが、糖尿病診断基準に満たない前糖尿病状態にあると推定されている。これらの人々は食生活の改善、中程度~重度の身体活動および適度な体重減少により2型糖尿病の発症を遅延または予防することが可能であるが、2005~2006年、前糖尿病状態にある人々のうち、それを自覚している人は約7%に過ぎない。今回、CDCはNational Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)のデータ(2005~2006、2007~2008、2009~2010年)から前糖尿病状態[空腹時血糖(FPG):100-125mg/dL、HbA1c:5.7-6.4%]である20歳以上の成人2,603名(男1,423女1,180、20~44歳:759、45~64歳:1,040、65歳以上:804)を対象に、その認識について調査を行った。全体での前糖尿病状態の認識率は8.9%と低いが、2005~2006、2007~2008、2009~2010年にてそれぞれ7.7%、7.7%、11.1%と増加傾向を認め(p=0.04)、年齢別では20~44歳:5.1%、45~64歳:10.0%、65歳以上:11.9%と年齢に伴い増加した(p<0.002)。年齢補正認識率は学歴(高卒未満:4.9%、高卒以上:8.7%、p=0.003)および体重(肥満:9.9%、体重過多:7.9%、正常:4.3%、それぞれp=0.004、p=0.045)にて有意差が認められ、また、糖尿病の家族歴の有無(10.4% vs 6.2%、p=0.001)、高血圧または高コレステロール血症治療薬服用の有無(13.9% vs 6.1%、p=0.01)、健康保険加入の有無(8.4% vs 4.7%、p=0.008)、定期的な医療機関受診の有無(8.9% vs 4.4%、p=0.01)による有意差も認められた。さらに過去12ヵ月以内の医師の受診回数が2回未満の人の認識率は5.4%であり、2~3回:9.0%(p=0.048)、4回以上:10.5%(p=0.008)に比べ有意に低値であった。性別、人種/民族およびPIR(貧困-収入比)による有意な相違は認めなかった。以上、前糖尿病状態の認識率は依然として低く、2型糖尿病発症リスクの減少とライフスタイルの改善により予防可能であることを認識させることが必要である。

References

  • CDC. National diabetes fact sheet: national estimates and general information on diabetes and prediabetes in the United States, 2011. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at http://www.cdc.gov/diabetes/pubs/factsheet11.htm.
  • Knowler WC, Barrett-Conner E, Fowler SE, et al; Diabetes Prevention Program Research Group. Reduction in the incidence of type 2 diabetes with lifestyle intervention or metformin. N Engl J Med 2002;346:393-403.
  • Geiss LS, James C, Gregg EW, et al. Diabetes risk reduction behaviors among U.S. adults with prediabetes. Am J Prev Med 2010;38:403-9.
  • CDC. National Health and Nutrition Examination Survey. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/nchs/nhanes/about_nhanes.htm.
  • Herman WH, Smith PJ, Thompson TJ, et al. A new and simple questionnaire to identify people at increased risk for undiagnosed diabetes. Diabetes Care 1995;18:382-7.
  • Mayer-Davis EJ, Dabble D, Lawrence JM, et al. Risk factors for type 2 and gestational diabetes. In: Venkat Narayan KM, Williams D, Gregg EW, Cowie C, eds. Diabetes public health: from data to policy. New York, NY: Oxford University Press; 2011:33-63.
  • American Diabetes Association. Standards of medical care in diabetes- 2013. Diabetes Care 2013;36:S11-66.
  • Selvin E, Steffes MW, Gregg E, Brancati FL, Coresh J. Performance of A1C for the classification and prediction of diabetes. Diabetes Care 2011; 34:84-9.
  • CDC. Increasing prevalence of diagnosed diabetes-United States and Puerto Rico, 1995-2010. MMWR 2012;61:918-21.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ