一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)運転中のモバイル端末の使用-アメリカおよびヨーロッ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/03/15Vol. 62 / No. 10

MMWR62(10):177-182
Mobile Device Use While Driving - United States and Seven European Countries, 2011

運転中のモバイル端末の使用-アメリカおよびヨーロッパ7ヵ国、2011年

交通事故のリスク因子としてスピード、アルコール、拘束装置の不使用、ヘルメットの不使用などが挙げられるが、近年ではモバイル端末の使用による事故が増加している。今回、CDCは2011年のEuroPNStylesおよびHealthStyles Surveyより、ヨーロッパ7ヵ国(ベルギー、フランス、ドイツ、オランダ、ポルトガル、スペイン、イギリス)およびアメリカにおける運転中のモバイル端末の使用に関する調査を行った。分析対象はEuroPNStylesにて10,338名(回答率:34%)、HealthStylesにて8,110名(回答率:56%)であった。その結果、アメリカでは18~64歳の成人ドライバーの約2/3(68.7%、95%CI=66.4-71.0%)が30日以内に運転中に携帯電話で会話をし、31.2%(95%CI=29.0-33.5%)が運転中にメールの送受信を行っていた。ヨーロッパでは運転中の通話はイギリス:20.5%~ポルトガル:59.4%、メールの送受信はスペイン:15.1%~ポルトガル:31.3%であった。アメリカでは性別による有意な相違は認められず、年齢別では男女ともに25~44歳にて55~64歳に比べ運転中の会話が有意に多く、メールの送受信は18~34歳にて45~64歳に比べ有意に多かった。以上、運転中のモバイル端末の使用は若者に多く、アメリカでは2013年2月の時点で33州およびワシントンDCにて運転中の電子デバイスの使用を制限する法律を制定している。今後、これらの法規制の強化および運転中の携帯電話の使用を制限する技術の進歩により、モバイル端末の使用による交通事故が抑制されるものと思われる。

References

  • Lozano R, Naghavi M, Foreman K, et al. Global and regional mortality from 235 causes of death for 20 age groups in 1990 and 2010: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2010. Lancet 2012;380:2095-128.
  • World Health Organization. Mobile phone use: a growing problem of driver distraction. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at http://www.who.int/violence_injury_prevention/publications/road_traffic/distracted_driving_en.pdf.
  • Community Preventive Services Task Force. Motor vehicle-related injury prevention. In: Guide to Community Preventive Services. Atlanta, GA: Community Preventive Services Task Force; 2012. Available at http://www.thecommunityguide.org/mvoi/index.html.
  • AAA Foundation for Traffic Safety. 2010 traffic safety culture index. Washington, DC: AAA Foundation for Traffic Safety; 2010. Available at https://www.aaafoundation.org/2010-traffic-safety-culture-index.
  • National Highway Traffic Safety Administration. National phone survey on distracted driving attitudes and behaviors. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2011. Available at www.nhtsa.gov/staticfiles/nti/pdf/811555.pdf.
  • Braitman KA, McCartt AT. National reported patterns of driver cell phone use in the United States. Traffic Inj Prev 2010;11:543-48.
  • Brusque C, Alauzet A. Analysis of the individual factors affecting mobile phone use while driving in France: socio-demographic characteristics, car and phone use in professional and private contexts. Accident Anal Prev 2008;40:35-44.
  • Goodwin AH, O’Brien NP, Foss RD. Effect of North Carolina’s restriction on teenage driver cell phone use two years after implementation. Accident Anal Prev 2012;48:363-7.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Four high-visibility enforcement demonstration waves in Connecticut and New York reduce hand-held phone use. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2011. Available at http://www.distraction.gov/download/research-pdf/508-research-note-dot-hs-811-845.pdf.
  • Pollard WE. Use of consumer panel survey data for public health communication planning: an evaluation of survey results. In: Proceedings of the Section on Health Policy Statistics. Alexandria, VA: American Statistical Association; 2002:2720-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ