一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)リスクの高い異性愛者におけるHIV感染症-アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/03/15Vol. 62 / No. 10

MMWR62(10): 183-188
HIV Infection Among Heterosexuals at Increased Risk - United States, 2010

リスクの高い異性愛者におけるHIV感染症-アメリカ、2010年

2009年、アメリカにおけるHIV感染症の約27%は異性間性行為によるものである。CDCは2006~2007年、National HIV Behavioral Surveillance System(NHBS)の一環として、AIDSの有病率が高く、HIV感染症の有病率が2.0%を超え、年間世帯収入が低い貧困層での有病率が2.3%、高卒以下での有病率が2.8%を超える地域に居住する異性愛者を対象とする調査を行った。今回は2010年に行われたNHBSの第2回調査より、HIV検査について報告する。第2回調査はAIDS有病率の高い地域に居住する社会経済的状態(SES)が低い異性愛者を対象としており、分析対象は8,473名であった(年齢中央値:33歳、18~39歳が61.9%を占め、黒人:71.9%、高卒以下:36.2%、年間世帯収入<10,000ドル:62.5%)。うちHIV感染陽性例は197例(2.3%)であり、男女別では男性:2.2%、女性:2.5%、人種別では黒人:2.8%、ヒスパニック/ラテン系:1.2%、学歴では高卒以下:3.1%、高卒以上:1.8%、年間世帯年収は10,000ドル未満:2.8%、20,000ドル以上:1.2%であった。また、過去12ヵ月以内にパートナーが替わった例では3.7%、替わっていない例では2.1%であり、クラックコカインの使用者では6.3%、非使用者では1.8%であった。調査以前にHIV陽性であった108例を除いた8,365例では、89例(1.1%)がHIV陽性であり、黒人:1.3%、ヒスパニック/ラテン系:0.7%、失業者:1.1%、就労不能者:2.7%であった。過去1年以内の医療機関受診の有無による相違は認められなかったが、今まで検査を受けたことのない例では1.6%、12ヵ月以内に検査を受けた例では0.5%であった。また、前回の検査日が明らかなHIV陽性82例では、36例(43.9%)がNHBSまで一度も検査を受けておらず、14例(17.1%)が前回から5年以上経過していた。これらの結果からHIV検査率の低い集団に対する積極的な介入を推進する必要性が示唆された。

References

  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data-United States and 6 U.S. dependent areas- 2010. HIV surveillance supplemental report, Vol. 17, no. 3, part A. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports.
  • CDC. Characteristics associated with HIV infection among heterosexuals in urban areas with high AIDS prevalence-24 cities, United States, 2006-2007. MMWR 2011;60:1045-9.
  • DiNenno EA, Oster AM, Sionean C, Denning P, Lansky A. Piloting a system for behavioral surveillance among heterosexuals at increased risk of HIV in the United States. Open AIDS J 2012;6:169-76.
  • Salganik MJ, Heckathorn DD. Sampling and estimation in hidden populations using respondent-driven sampling. Sociol Methodol 2004; 34:193-240.
  • Adimora AA, Auerbach JD. Structural interventions for HIV prevention in the United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2010;55(Suppl 2): S132-5.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas.
  • Marks G, Crepaz N, Senterfitt JW, Janssen RS. Meta-analysis of high-risk sexual behavior in persons aware and unaware they are infected with HIV in the United States: implications for HIV prevention programs. J Acquir Immune Defic Syndr 2005;39:446-53.
  • CDC. Results of the expanded HIV testing initiative-25 jurisdictions, United States, 2007-2010. MMWR 2011;60:805-10.
  • Wallace SA, McLellan-Lemal E, Harris MJ, Townsend TG, Miller KS. Why take an HIV test? Concerns, benefits, and strategies to promote HIV testing among low-income heterosexual African American young adults. Health Educ Behav 2011;38:462-70.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ