一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)公衆衛生、環境分析、農業試験所における能力の全国調・・・

MMWR抄訳

rss

2013/03/08Vol. 62 / No. 09

MMWR62(9):161-164
National Assessment of Capacity in Public Health, Environmental, and Agricultural Laboratories - United States, 2011

公衆衛生、環境分析、農業試験所における能力の全国調査

ミシガン大学のCenter of Excellence in Public Health Workforce Studiesおよび公衆衛生試験所協会(Association of Public Health Laboratories、APHL)は、アメリカの公衆衛生、環境分析、農業試験場における職員の能力およびプログラム遂行能力を評価した。2011年4~8月にAHPLは105施設(すべての州の公衆衛生試験所:50、地域の公衆衛生試験所:41、環境分析試験所:8、農業試験所:6)の所長に対し、インターネットを使用したアンケート調査を実施した。質問内容は、職業分類による所員の総人数および19種類のプログラム分野における遂行能力(自己申告)とし、能力は、実行するのに100%十分、ほぼ十分(75~99%)、かなり十分(50~74%)、部分的(25~49%)、最小限(1~24%)、不可のカテゴリーに分類した。2011年において、回答があった80施設の6,656人の被雇用者のうち、管理スタッフは894人(13%)、情報技術スタッフは207人(4%)であった。科学研究スタッフは5,555人(83%)で、従事している分野は、主に環境化学(14%)、細菌学(10%)、管理/運営(10%)、新生児検診(9%)、その他(9%)、緊急時の準備と対応(7%)、研究室の規制と査察(6%)、血清学/免疫学(6%)であった。教育およびバックグランドについて回答のあった4,297人のうち、博士号または専門の学位保有12%、修士号14%、学士または準学士号66%であり、科学者(59%)として分類される所員が最も多かった。半数以上の試験所において、必要な活動を実行する能力がないか、最小限または部分的と回答した分野は、毒物学(65%)、農芸化学(80%)、農業微生物学(80%)、臨床化学/血液学(68%)、スタッフ教育およびトレーニング(55%)であった。一方、75%以上の試験所において、かなり~100%十分な実行能力がある分野は、緊急時の準備と対応(89%)、安全/危機管理(91%)、細菌学(91%)、管理/運営(86%)、分子生物学(92%)、品質保証(83%)、血清学/免疫学(85%)、規制/査察(80%)であった。約50%の試験所で、最大15%の職員が退職か辞職、または5年以内に離職すると見込まれているが採用の障害は、主に昇進の機会の不足およびキャリア向上のための進路の不足であった。

References

  • University of Michigan Center of Excellence in Public Health Workforce Studies, Association of Public Health Laboratories. National Laboratory Capacity Assessment, 2011: findings and recommendations for strengthening the U.S. workforce in public health, environmental, and agricultural laboratories. Silver Spring, MD: Association of Public Health Laboratories; 2012. Available at http://www.sph.umich.edu/cephw/docs/APHL_Final.pdf.
  • Association of State and Territorial Health Officials. Profile of state public health. Washington, DC: Association of State and Territorial Health Officials; 2011. Available at http://www.astho.org/profiles.
  • Association of Public Health Laboratories. Core functions and capabilities of state public health laboratories. Silver Spring, MD: Association of Public Health Laboratories; 2010. Available at http://www.aphl.org/aboutaphl/publications/documents/com_2010_corefunctionsphls.pdf.
  • Kahn LH. The need for one health degree programs. Infect Ecol Epidemiol 2011; Epub July 14, 2011.
  • US Environmental Protection Agency Office of Water. National water quality inventory: report to Congress 2004 reporting cycle; January 2009. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2009. Available at http://water.epa.gov/lawsregs/guidance/cwa/305b/2004report_index.cfm.
  • Association of Public Health Laboratories. Toolkit for ensuring a future workforce of qualified public health laboratory scientist-managers and directors. Silver Spring, MD: Association of Public Health Laboratories; 2006. Available at http://www.aphl.org/aboutaphl/publications/documents/phli-aphl_project_final_report_sep302006.pdf.
  • Association of Public Health Laboratories. Laboratory System Improvement Program: promoting system improvement. Silver Spring, MD: Association of Public Health Laboratories; 2010. Available at http://www.aphl.org/aphlprograms/lss/performance/pages/default.aspx.
  • Milne KC, Milne TL. Public health laboratory system performance assessment and improvement. Public Health Rep 2010;125(Suppl 2):31-9.
  • US Department of Health and Human Services. Public health infrastructure. Objective 11: Increase the proportion of tribal and state health agencies that provide or assure comprehensive laboratory services to support essential public health services. In: Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. Available at http://healthypeople.gov/2020/default.aspx.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ