一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)HIVの母子感染を防止する革新的アプローチの影響-・・・

MMWR抄訳

rss

2013/03/01Vol. 62 / No. 08

MMWR62(8):148-151
Impact of an Innovative Approach to Prevent Mother-to-Child Transmission of HIV - Malawi, July 2011-September 2012

HIVの母子感染を防止する革新的アプローチの影響-マラウイ、2011年7月~2012年9月

抗レトロウイルス薬はヒト免疫不全ウィルス(HIV)の母子感染率を5%未満に抑制するが、2011年、低および中所得国では母子感染を予防する(PMTCT:prevention of mother-to-child transmission))ためWHOが推奨するレジメンを、HIV感染妊婦の57%しか受けておらず、サハラ砂漠周辺国ではHIV感染妊婦から約300,000人の新生児が出生している。マラウイではこのうち15,700名(5.2%)の新生児が生まれており、この原因として抗レトロウイルス薬療法(ART)開始の判断基準となるCD4細胞数を測定する研究室のキャパシティの問題が挙げられている。2011年の第3四半期、Malawi Ministry of Health (MOH)はCD4細胞数にかかわらずHIVに感染した妊婦および授乳婦を生涯にわたるARTの対象とする革新的なアプローチ(オプションB+)を開始し、その後、ルワンダ、ウガンダ、ハイチなどの国々もオプションB+を取り入れている。マラウイではオプションB+の実施にあたり、4,839名の医療従事者の訓練が必要となり、その結果、妊婦管理を行う全ての保健所にARTが分散化され、ART実施施設は2011年6月:303ヵ所から2012年9月:641ヵ所に増加し、ARTを開始する患者数は2011年第2四半期:18,442例から2012年第3四半期:29,707例に61%増加、ARTを開始する妊婦および授乳婦は2011年第2四半期:1,257例から2012年第3四半期:10,663例と748%増加した。また、2011年第3四半期にARTが開始された女性2,949例のうち77%(2,267例)は12ヵ月以上にわたり治療を継続している。以上、オプションB+はHIVの母子感染根絶に向けて革新的な進歩をもたらしており、マラウイでは今後も質の高いHIV検査の提供とともに生涯ARTの実施を継続するとしている。

References

  • World Health Organization. Antiretroviral drugs for treating pregnant women and preventing HIV infections in infants. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at http://whqlibdoc.who.int/publications/2010/9789241599818_eng.pdf.
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). Together we will end AIDS. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS); 2012. Available at http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/epidemiology/2012/jc2296_unaids_togetherreport_2012_en.pdf.
  • Chi BH; Adler MR, Bolu OO, et al. Progress, challenges, and new opportunities for the prevention of mother-to-child transmission of HIV under the US President’s Emergency Plan for AIDS Relief. J Acquir Immune Defic Syndr 2012;60(Suppl 3):S78-87.
  • Schouten EJ, Jahn A, Midiani D, et al. Prevention of mother-to-child transmission of HIV and the health-related Millennium Development Goals: time for a public health approach. Lancet 2011;378:282-4.
  • World Health Organization. Use of antiretroviral drugs for treating pregnant women and preventing HIV infection in infants. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at http://www.who.int/hiv/pub/mtct/programmatic_update2012.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493-505.
  • Van den Akker T, de Vroome S, Mwagomba B, Ford N, van Roosmalen J. Peripartum infections and associated maternal mortality in rural Malawi. Obstet Gynecol 2011;118(2 Pt 1):266-72.
  • Hargrove JW, Humphrey JH, ZVITAMBO Study Group. Mortality among HIV-positive postpartum women with high CD4 cell counts in Zimbabwe. AIDS 2010;24:F11-4.
  • El-Sadr WM, Coburn BJ, Blower S. Modeling the impact on the HIV epidemic of treating discordant couples with antiretrovirals to prevent transmission. AIDS 2011;25:2295-9.
  • Bolu OO, Allread V, Creek T, et al. Approaches for scaling up human immunodeficiency virus testing and counseling in prevention of mother-to-child human immunodeficiency virus transmission settings in resource-limited countries. Am J Obstet Gynecol 2007;197(3 Suppl):S83-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ