一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)慢性B型およびC型肝炎ウイルス感染症報告の完全性-・・・

MMWR抄訳

rss

2013/02/15Vol. 62 / No. 06

MMWR62(6):99-102
Completeness of Reporting of Chronic Hepatitis B and C Virus Infections - Michigan, 1995-2008

慢性B型およびC型肝炎ウイルス感染症報告の完全性-ミシガン州、1995~2008年

2010年、Institute of Medicineは慢性B型肝炎ウイルス(HBV)および慢性C型肝炎ウイルス(HCV)感染症について、CDCに全国のウイルス感染症サーベイランスの包括的な評価を行うよう指示し、その一次評価としてMichigan Department of Community Health (MDCH)および州南東部の都市ヘルスケアシステムとCDCにより、多施設共同慢性肝炎コホート研究に参加した慢性HBVおよびHCV感染症例の報告とMDCHウイルス肝炎レジストリーとの完全性の評価が行われた。ミシガン州ではHBVおよびHCV感染症の報告をそれぞれ2004年、2000年に義務化しており、2004年以降は両疾患の電子データがMichigan Disease Surveillance System (MDSS)に報告されている。コホート研究では4,393例にてHBV感染症:14%、HCV感染症:85%、HBV/HCV重複感染症:1%、全体でHBV感染症例は670例、HCV感染症例は3,796例であった。HBV感染症例のうち597例(89%)、HCV感染症例のうち3,036例(80%)が臨床確診基準を満たし、HBVでは490/597例(82%、急性:27、慢性:400例)、HCVでは1,967/3,036例(65%、急性:49、慢性:1,870例)がMDSSと一致していた。MDSSに一致した症例では、HBV、HCVそれぞれ99.6%、99.0%にて性別、75.1%、66.7%にて人種/民族データが報告されていたが、リスク因子に関するデータはそれぞれ0%、<5%であった。データの完全性は年々改善し、1995-96年の初診例ではHBV:66%、HCV:56%、2007-08年の初診例ではそれぞれ94%、77%と有意な改善が認められ(ともにp<0.001)、その傾向は2004年以降に顕著であった。今後はリスク因子に関する情報を収集し、感染の予防および治療の改善を進めていく必要性が示唆された。

References

  • Institute of Medicine. Hepatitis and liver cancer: a national strategy for prevention and control of HBV and C 2010. Washington, DC: National Academies Press; 2010. Available at http://www.iom.edu/reports/2010/hepatitis-and-liver-cancer-a-national-strategy-for-prevention-and-control-of-hepatitis-b-and-c.aspx.
  • Moorman AC, Gordon SC, Rupp LB, et al. Baseline characteristics and mortality among people in care for chronic viral hepatitis: the chronic hepatitis cohort study. Clin Infect Dis 2013;56:40-50.
  • Thacker SB. Historical development. In: Lee LM, Teutsch SM, Thacker SB, eds. Principles and practice of public health surveillance. New York, NY: Oxford University Press; 2010.
  • Klevens RM, Miller J, Vonderwahl C, et al. Population-based surveillance for hepatitis C virus, United States, 2006-2007. Emerg Infect Dis 2009;15:1499-502.
  • Fleming DT, Zambrowski A, Fong F, et al. Surveillance programs for chronic viral hepatitis in three health departments. Public Health Rep 2006;121:23-35.
  • CDC. Viral hepatitis surveillance-United States, 2009. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at http://www.cdc.gov/hepatitis/statistics/2009surveillance/index.htm.
  • Heisey-Grove DM, Church DR, Haney GA, DeMaria A Jr. Enhancing surveillance for hepatitis C through public health informatics. Public Health Rep 2011;126:13-8.
  • Overhage JM, Grannis S, McDonald CJ. A comparison of the completeness and timeliness of automated electronic laboratory reporting and spontaneous reporting of notifiable conditions. Am J Public Health 2008;98:344-50.
  • Kramer JR, Davila JA, Miller ED, Richardson P, Giordano P, El-Serag HB. The validity of viral hepatitis and chronic liver disease diagnoses in Veterans Affairs administrative databases. Aliment Pharm Therap 2008;27:274-82.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ