一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)母乳育児の増加と人種/民族間差の縮小における進歩-・・・

MMWR抄訳

rss

2013/02/08Vol. 62 / No. 05

MMWR62(5):77-80
Progress in Increasing Breastfeeding and Reducing Racial/Ethnic Differences - United States, 2000-2008 Births

母乳育児の増加と人種/民族間差の縮小における進歩-アメリカ、2000~2008年出生

アメリカ小児科学会は、生後6ヶ月間は母乳のみで、その後は補完食を加え少なくとも生後12ヶ月までの母乳育児の継続を推奨している。CDCは、2000年および2008年に出生した白人、黒人およびヒスパニック系小児の母乳育児開始率と継続期間の傾向について、全米50州およびワシントンDCにおける19~35ヶ月の小児がいる世帯を対象としたNational Immunization Surveyのデータを解析した。その結果、2000年の母乳育児開始率は70.3%で、継続期間6ヶ月は34.5%、同12ヶ月は16.0%であった。2008年には各値はそれぞれ74.6%、44.4%、23.4%に上昇した。人種/民族における2000年と2008年の比較では、母乳育児開始率は白人で71.8%から75.2%、黒人で47.4%から58.9%と有意に上昇したが、ヒスパニックでは77.6%から80.0%と有意差は認められなかった。継続期間6ヶ月の母乳育児率は、白人では38.2%から46.6%に、黒人で16.9%から30.1%に、ヒスパニックでは34.6%から45.2%と全人種/民族で有意に上昇していた。継続期間12ヶ月の母乳育児率は、白人では17.1%から24.3%に、黒人で6.3%から12.5%に、ヒスパニックでは18.2%から26.3%と全人種/民族で有意に上昇していた。母乳育児開始率および継続期間とも黒人は白人およびヒスパニックと比較し有意に低値であったが、黒人と白人の母乳育児開始率差は、2000年の24.4%ポイントから2008年の16.3%ポイントと縮小した。全体として母乳育児率の増加がみられるものの、未だ半数以上の小児が推奨される6ヶ月間の母乳育児を受けていない。母乳育児の継続を望む女性に対しさらなる支援が必要であり、特に黒人に対しより啓発と支援が必要である。

References

  • American Academy of Pediatrics Section of Breastfeeding. Policy statement: breastfeeding and the use of human milk. Pediatrics 2012;129:e827-41.
  • CDC. Statistical methodology of the National Immunization Survey, 1994-2002. Vital Health Stat 2 2005;138. Available at http://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_02/sr02_138.pdf.
  • CDC. Breastfeeding: NIS survey methods. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/breastfeeding/data/nis_data/survey_methods.htm.
  • Grummer Strawn L, Shealy K. Progress in protecting, promoting, and supporting breastfeeding: 1984-2009. Breastfeeding Med 2009;4(Suppl 1):S31-9.
  • CDC. Racial and socioeconomic disparities in breastfeeding-United States, 2004. MMWR 2006;55:335-9.
  • Li R, Grummer Strawn L. Racial and ethnic disparities in breastfeeding among United States infants: Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988-1994. Birth 2002;29:251-7.
  • Ludington-Hoe S, McDonald PE, Satyshur R. Breastfeeding in African-American women. J Natl Black Nurses Assoc 2002;13:56-64.
  • US Department of Health and Human Services. The Surgeon General’s call to action to support breastfeeding. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2011. Available at http://www.surgeongeneral.gov/library/calls/breastfeeding/index.html.
  • CDC. The CDC guide to breastfeeding interventions. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/breastfeeding/resources/guide.htm.
  • World Health Organization, United Nations Children’s Fund. Baby-Friendly Hospital Initiative. Albany, NY: Baby-Friendly USA; 2013. Available at http://www.babyfriendlyusa.org.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ