一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)成人におけるインフルエンザ以外のワクチン接種率-ア・・・

MMWR抄訳

rss

2013/02/01Vol. 62 / No. 04

MMWR62(4):66-72
Noninfluenza Vaccination Coverage Among Adults - United States, 2011

成人におけるインフルエンザ以外のワクチン接種率-アメリカ、2011年

19歳以上の成人におけるインフルエンザ以外のワクチン接種率を2011 National Health Interview Survey (NHIS)データより分析した。ここでは肺炎球菌ワクチン、破傷風トキソイド含有ワクチン(破傷風、ジフテリア:Td/破傷風、ジフテリア、無菌性百日咳:Tdap)、A型肝炎、B型肝炎、帯状疱疹およびヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについて報告する。肺炎球菌ワクチン接種率は19~64歳のハイリスク例にて20.1%(2010年より1.6%ポイント増)、人種別では白人(20.1%)にてヒスパニック系(18.3%)、アジア系(12.0%)に比べ有意に高値であり、65歳以上では62.3%(2010年より2.6%ポイント増)、人種別では白人(66.5%)にてアジア系(40.3%)、ヒスパニック系(43.1%)、黒人(47.6%)に比べ有意に高値であった。Td/Tdapワクチン接種率は過去10年間において19~49歳にて64.5%、50~64歳:63.9%、65歳以上:54.4%であり、全年齢層において白人の接種率がアジア系、ヒスパニック系および黒人に比べ高値であった。A型肝炎ワクチン接種率(2回以上)は19~49歳にて12.5%(2010年より1.8%ポイント増)と低いが、1995年以降、A型肝炎の流行性が高い国々への旅行者では20.1%と高く、流行性の低い国々(日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ヨーロッパ)への旅行者では8.4%であった。B型肝炎ワクチン接種率(3回以上)は19~49歳にて35.9%(2010年より2.1%ポイント増)であり、白人(37.8%)に比べ黒人(33.0%)、ヒスパニック系(28.9%)にて低値で、糖尿病患者では19~59歳:26.9%、60歳以上:12.4%であった。帯状疱疹ワクチン接種率は60歳以上にて15.8%(2010年とほぼ同値)、HPVワクチン接種率(1回以上)は19~26歳の女性にて29.5%と2010年:20.7%、2009年:17.1%から増加していた。以上、19歳以上の成人におけるTdapと女性におけるHPVワクチン接種率は増加していたが、他のワクチン接種率は依然として低く、今後の課題が示された。

References

  • CDC. Adult vaccination coverage-United States, 2010. MMWR 2012; 61:66-72.
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years and adults aged 19 years and older-United States, 2013. MMWR 2013;62(Suppl 1).
  • CDC. Flu vaccination coverage, United States, 2011-12 influenza season. National Immunization Survey and Behavioral Risk Factor Surveillance System, August 2011 through May 2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at http://www.cdc.gov/flu/professionals/vaccination/coverage_1112estimates.htm.
  • Poland GA, Shefer AM, McCauley M, et al. Standards for adult immunization practices. Am J Prev Med 2003;25:144-50.
  • Community Preventive Services Task Force. The guide to community preventive services. Increasing appropriate vaccination: universally recommended vaccinations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at http://www. thecommunityguide.org/vaccines/universally/index.html.
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) recommendations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/ acip-list.htm.
  • Taylor LD, Hariri S, Sternberg M, Dunne EF, Markowitz LE. Human papillomavirus vaccine coverage in the United States, National Health and Nutrition Examination Survey, 2007-2008. Prev Med 2011; 52:398-400.
  • Allen JD, Mohllajee AP, Shelton RC, et al. Stage of adoption of the human papillomavirus vaccine among college women. Prev Med 2009;48:420-5.
  • Shenson D, DiMartino D, Bolen J, Campbell M, Lu PJ, Singleton JA. Validation of self-reported pneumococcal vaccination in behavioral risk factor surveillance surveys: experience from the sickness prevention achieved through regional collaboration (SPARC) program. Vaccine 2005;23:1015-20.
  • Winston CA, Wortley PM, Lees KA. Factors associated with vaccination of Medicare beneficiaries in five U.S. communities: results from the racial and ethnic adult disparities in immunization initiative survey, 2003. J Am Geriatr Soc 2006;54:303-10.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ