一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)シガテラ中毒-ニューヨーク市、2010~2011年

MMWR抄訳

rss

2013/02/01Vol. 62 / No. 04

MMWR62(4):61-65
Ciguatera Fish Poisoning - New York City, 2010-2011

シガテラ中毒-ニューヨーク市、2010~2011年

2010年8月~2011年7月、ニューヨーク市(NYC)のDepartment of Health and Mental Hygiene(DOHMH)にシガテラ中毒(CFP)の6つのアウトブレイクおよび単発症例が報告された。CFPは生物濃縮性のシガトキシン(CTX)をもつ大きな肉食性熱帯礁魚(カマス、ハタ、フエダイ、ブリ、クロハギなど)の摂取により消化器系、心血管系および神経学的症状を来す。2010年8月6日、16歳の女性とその母親(47歳)がNYCクイーンズ地区の魚市場で買ったカマスを食した後に下痢、ふらつき、口周囲刺痛を来し、救急外来(ED)を受診した。また、同じ魚を食べた家族4人も四肢に刺痛を来し、うち2名が受診、計4名がその後、腹痛、めまい、頭痛、失神、悪心および嘔吐、さらに低血圧と徐脈を来し、CFPと診断された。医師はNYC Poison Control Center (PCC)に連絡し、DOHMHに報告された。食事の残りから検出されたカリビアンCTX-1(C-CTX-1)および-2はFDAガイドラインが定める量の10倍以上(1.1μg/kg C-CTX-1当量)であった。また、8~9月には2つのアウトブレイクによる6例とレストランでカマスを食べた単発症例、計7例にてCFPの発症が報告された。さらに11月1、クイーンズ地区においてスーパーマーケットで買ったハタを食した3家族11例によるアウトブレイク、翌2011年7月、マンハッタンのレストランにてハタを食べた4例による2つのアウトブレイクが発生、食べ残した魚から1.9μg/kg C-CTX-1当量のC-CTX-1が検出された。NYCの過去10年(2000~2009年)における症例数は、4つのアウトブレイクにて21例であり、今回の症例数の増加はNYCにおける魚の産地の変化と種類の増加、およびCFPに関する認識と調査力の向上によるものと考えられ、今後は危険性の認識を広めることが重要と思われる。

References

  • Food and Drug Administration. FDA fish and fishery products hazards and controls guidance. 4th ed. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2011. Available at http://www.fda.gov/downloads/food/guidancecomplianceregulatoryinformation/guidancedocuments/seafood/ucm251970.pdf.
  • CDC. Cluster of ciguatera fish poisoning-North Carolina, 2007. MMWR 2009;58:283-5. 3. Thomson Reuters (Healthcare). Ciguatera fish poisoning. POISINDEX System [database]. Greenwood Village, Colorado: Thomson Reuters (Healthcare); 2012.
  • Friedman MA, Fleming LE, Fernandez M, et al. Ciguatera fish poisoning: treatment, prevention and management. Mar Drugs 2008;6:456-79.
  • Achaibar KC, Moore S, Bain PG. Ciguatera poisoning. Pract Neurol 2007;7:316-22.
  • Schnorf H, Taurarii M, Cundy T. Ciguatera fish poisoning: a double-blind randomized trial of mannitol therapy. Neurology 2002;58:873-80.
  • McKee D, Fleming LE, Tamer R, Weisman R, Blythe DG. Physician diagnosis and reporting of ciguatera fish poisoning in an endemic area. In: Hallegraeff GM, Blackburn SI, Bolch CJ, Lewis RJ, eds. Harmful algal blooms 2000. Paris, France: Intergovernmental Oceanographic Commission of United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization; 2001:451-3.
  • Consumers Union. Mystery fish: the label said red snapper, the lab said baloney. Consum Rep 2011;76:18-22.
  • Handy SM, Deeds JR, Ivanova NV, et al. A single laboratory validated method for the generation of DNA barcodes for the identification of fish for regulatory compliance. J AOAC Int 2011;94:201-10.
  • Government Accountability Office. Seafood fraud-FDA program changes and better collaboration among key federal agencies could improve detection and prevention. Washington, DC: Government Accountability Office; 2009. Available at http://www.gao.gov/new.items/ d09258.pdf.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ