一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)乳児髄膜炎菌ワクチン接種:Advisory Com・・・

MMWR抄訳

rss

2013/01/25Vol. 62 / No. 03

MMWR62(3):52-54
Infant Meningococcal Vaccination: Advisory Committee on Immunization - Practices (ACIP) Recommendations and Rationale

乳児髄膜炎菌ワクチン接種:Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)勧告および理論的根拠

Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)は2012年10月の会議において、髄膜炎菌性疾患のリスクの高い生後6週から18ヵ月齢の乳幼児の髄膜炎菌血清型CおよびYに対する予防接種に関する勧告について審議を行った。ここではその内容と理論的根拠について報告する。2012年6月14日、髄膜炎菌血清型C、Yおよびヘモフィルスb破傷風トキソイド結合型ワクチン(Hib-MenCY-TT)が生後6週から18ヵ月の乳幼児を対象にFDAに認可された。Hib-MenCY-TTが認可される前は生後9~23ヵ月齢の乳幼児に対しMenACWY-D(2回接種)、2~55歳に対しMenACWY-DおよびMenAWY-CRM(1回接種)の接種がハイリスク例に対し推奨されており、生後2~8ヵ月齢の乳児に対するワクチンはなかった。ACIPはHib-MenCY-TTの第II相および第III相臨床試験のデータより、疾患疫学、接種スケジュール、安全性および免疫原性について検討し、すでに認可されているHib-TT、HibPRP-OMPと安全性および免疫原性が同等であること、DTap-HepB-IPV、PCV7(生後2、4、6ヵ月齢)、MMR、水痘、PCV7(生後12~15ヵ月齢)との同時接種による免疫原性の低下が認められなかったことから、Hibおよび髄膜炎菌血清型CおよびYに対する有効性を確認した。また、0~59ヵ月齢児における髄膜炎菌性疾患の発症率を分析し、費用対効果、定期予防接種プログラムへの影響、小児科医および家庭医の意見を含めて検討した結果、髄膜炎菌性疾患リスクの高い乳児、髄膜炎菌性血清型CおよびYによるアウトブレイクが発生している地域の生後6週間~18ヵ月齢の乳児への4回接種、他のHibワクチンを接種した場合は生後9~23ヵ月にて2回接種を推奨することを決定した。なお、髄膜炎菌性疾患リスクを認めない乳児に対する接種は推奨されていない。

References

  • CDC. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2005;54(No. RR-7).
  • CDC. Licensure of a meningococcal conjugate vaccine for children aged 2 through 10 years and updated booster dose guidance for adolescents and other persons at increased risk for meningococcal disease-Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2011. MMWR 2011;60:1018-9.
  • Food and Drug Administration. Package insert for MenHibrix (meningococcal groups C and Y and Haemophilus b tetanus toxoid conjugate vaccine). Available at http://www.fda.gov/downloads/biologicsbloodvaccines/vaccines/approvedproducts/ucm308577.pdf.
  • Borrow R, Balmer P, Miller E. Meningococcal surrogates of protection-serum bactericidal antibody activity. Vaccine 2005;23:2222-7.
  • Bryant KA, Marshall GS, Marchant CD, et al. Immunogenicity and safety of H influenzae type b-N meningitidis C/Y conjugate vaccine in infants. Pediatrics 2011;127:e1375-85.
  • Marchant CD, Miller JM, Marshall GS, et al. Randomized trial to assess immunogenicity and safety of Haemophilus influenzae type b and Neisseria meningitidis serogroups C and Y-tetanus toxoid conjugate vaccine in infants. Pediatr Infect Dis J 2010;29:48-52.
  • Nolan T, Richmond P, Marshall H, et al. Immunogenicity and safety of an investigational combined Haemophilus influenzae type B-Neisseria meningitidis serogroups C and Y-tetanus toxoid conjugate vaccine. Pediatr Infect Dis J 2011;30:190-6.
  • CDC. CDC health information for international travel 2012. New York, NY: Oxford University Press; 2012. Available at http://wwwnc.cdc.gov/ travel/yellowbook/2012/table-of-contents.htm.
  • Kaplan SL, Schutze GE, Leake JA, et al. Multicenter surveillance of invasive meningococcal infections in children. Pediatrics 2006;118:e979-84.
  • Cohn AC, MacNeil JR, Harrison LH, et al. Changes in Neisseria meningitidis disease epidemiology in the United States, 1998-2007: implications for prevention of meningococcal disease. Clin Infect Dis 2010;50:184-91.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ