一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)食品媒介疾患アウトブレイクのサーベイランス-アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2013/01/25Vol. 62 / No. 03

MMWR62(3):41-47
Surveillance for Foodborne Disease Outbreaks - United States, 2009-2010

食品媒介疾患アウトブレイクのサーベイランス-アメリカ、2009~2010年

アメリカでは毎年940万人が食品媒介疾患に罹患すると推計される。CDCはFoodborne Disease Outbreak Surveillance Systemにより全州、ワシントンDC、プエルトリコで発生した食品媒介疾患アウトブレイクを集計している。2009~2010年にCDCに報告された計1,527件のアウトブレイクで29,444例の発症があり、1,184例が入院、23例が死亡した。単独の病原体によるものは1,022件(67%: 確定790件、疑い232件)で、確定例ではノロウイルスが件数(331件、42%)、患者数(7,332例、37%)ともに最も多く、次いでSalmonella[234件(30%)、7,039例(36%)]であった。入院患者数が最も多かったのはSalmonella(583例、49%)で、次いで志賀毒素産生性大腸菌(STEC)(190例、16%)、ノロウイルス(109例、9%)であった。死亡例では22例が細菌性病原体[Listeria monocytogenes 9例、Salmonella 5例、STEC O157 4例、Clostridium perfringens(ウェルシュ菌)3例、Shigella(赤痢菌)1例]で、1例はノロウイルスであった。653件(43%)のアウトブレイクで媒介食品が報告され、発生件数は牛肉(39件、13%)、乳製品および魚(各37件、13%)が多かった。患者数は卵(2,231例、27%)が最も多く、次いで牛肉(928例、11%)、鶏肉(826例、10%)であった。原因病原体と媒介食品の組み合わせでは、件数はカンピロバクターと非加熱滅菌乳製品(17件)、Salmonellaと卵、およびSTEC O157と牛肉(各15件)が多く、患者数はSalmonellaと卵(2,231名)で最も多かった。食品の摂取機会が判明している766件のうち、48%がレストランまたはデリ、21%は個人の家庭における発生であった。これらのデータを基に、農場から食卓までの衛生手順の改善と食品媒介疾患の発生予防が図られると考えられる。

References

  • Scallan E, Hoekstra RM, Angulo FJ, et al. Foodborne illness acquired in the United States-major pathogens. Emerg Infect Dis 2011;17:7-15.
  • Painter JA, Ayers T, Woodruff R, et al. Recipes for foodborne outbreaks: a scheme for categorizing and grouping implicated foods. Foodborne Pathog Dis 2009;6:1259-64.
  • Neil KP, Biggerstaff G, MacDonald JK, et al. A novel vehicle for transmission of Escherichia coli O157:H7 to humans: multistate outbreak of E. coli O157:H7 infections associated with consumption of ready-to-bake commercial prepackaged cookie dough-United States, 2009. Clin Infect Dis 2012;54:511-8.
  • CDC. Surveillance for foodborne disease outbreaks-United States, 2008. MMWR 2011;60:1197-202.
  • CDC. Updated norovirus outbreak management and disease prevention guidelines. MMWR 2011;60(No. RR-3).
  • Hall AJ, Eisenbart VG, Etingue AL, Gould LH, Lopman B, Parashar UD. Epidemiology of foodborne norovirus outbreaks, United States, 2001-2008. Emerg Infect Dis 2012;18:1566-73.
  • American Public Health Association. The public health workforce shortage: left unchecked, will we be protected? Washington, DC: American Public Health Association; 2006.
  • National Association of County and City Health Officials. Local health department job losses and program cuts: findings from January/February 2010 survey. Washington, DC: National Association of County and City Health Official; 2012.
  • US Department of Health and Human Services. Food safety. Healthy people 2010 (midcourse review). Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000.
  • Langer AJ, Ayers T, Grass J, Lynch M, Angulo FJ, Mahon BE. Nonpasteurized dairy products, disease outbreaks, and state laws- United States, 1993-2006. Emerg Infect Dis 2012;18:385-91.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ