一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)低所得者層の未就学児童における肥満率-ニューヨーク・・・

MMWR抄訳

rss

2013/01/18Vol. 62 / No. 02

MMWR62(2):17-22
Obesity Prevalence Among Low-Income, Preschool-Aged Children - New York City and Los Angeles County, 2003-2011

低所得者層の未就学児童における肥満率-ニューヨーク市およびロサンゼルス郡、2003~2011年

ここ数十年間上昇し続けた肥満児童の比率は、最近アメリカのいくつかの地域で一定または減少に転じた。この報告では、ニューヨーク市(NYC)およびロサンゼルス郡(LAC)における婦人、児童向け栄養強化計画(WIC)登録児童の肥満率を比較した。2003~2011年のWIC管理データシステムからデータを抽出、身長と体重からBMIを計算し、年齢および性別ごとのCDC成長曲線の95パーセンタイル以上の児童を肥満とした。NYCの3、4歳児は2003年の53,247人から2011年には67,428人となり、肥満率は2003年の18.9%および19.9%から2011年にはそれぞれ14.5%および16.9%に減少した。LACでは同年齢の児童で2003年(149,503人)の16.3%および17.2%から2009年には21.0%および22.4%に増加したが、2011年(147,292人)には20.5%および20.3%にそれぞれ減少した。肥満率は人種/民族(ヒスパニック系、白人、黒人、アジア系、その他)によっても異なり、NYCでは登録児童のうちヒスパニック系が最も多く(2003年44.0%、2011年46.4%)、肥満率は2003年の24.0%から2009年に19.7%と減少し、2011年は19.1%であった。一方、LACでのヒスパニック系の割合は、2003年82.6%、2011年85.5%で、肥満率は2003年の17.8%から2009年に23.0%に増加し、2011年には21.7%とやや減少した。ヒスパニック系はNYC、LACにおいて、人口比率が最も大きいだけでなく、肥満率も全ての年で最も高率であった。ニューヨーク州のWICプログラムでは2001年から児童の肥満対策として年齢に応じた適度な運動、野菜や果物の摂取、低/無脂肪乳、母乳育児、TV視聴時間の制限を推奨している。カリフォルニア州でも2009年から州内全域で同様の対策を実施しており、これらの対策を実施した時期が2004年のNYCおよび2010年のLACにみられる肥満率の低下と相関している。

References

  • Ogden CL, Carroll MD, Kit BK, Flegal KM. Prevalence of obesity and trends in body mass index among US children and adolescents, 1999-2010. JAMA 2012;307:483-90.
  • CDC. Obesity in K-8 students-New York City, 2006-07 to 2010-11 school years. MMWR 2011;60:1673-8.
  • Sekhobo J, Edmunds LS, Reynolds DK, Sharma A, Dalenius K. Trends in prevalence of obesity and overweight among children enrolled in the New York State WIC program, 2002-2007. Public Health Rep 2010;125:218-24.
  • Madsen KA, Weedn AE, Crawford PB. Disparities in peaks, plateaus, and declines in prevalence of high BMI among adolescents. Pediatrics 2010;126:434-42.
  • Singh GK, Kogan MD, van Dyck PC. Changes in state-specific childhood obesity and overweight prevalence in the United States from 2003 to 2007. Arch Pediatr Adolesc Med 2010;164:598-607.
  • Crespi CM, Alfonso VH, Whaley SE, Wang MC. Validity of child anthropometric measurements in the Special Supplemental Nutrition Program for Women, Infants, and Children. Pediatr Res 2012;71:286-92.
  • Ennis SR, Rios-Vargas M, Albert N. The Hispanic population: 2010. 2010 census briefs. Washington, DC: US Department of Commerce, Economics and Statistics Administration, US Census Bureau; May 2011. Available at http://www.census.gov/prod/cen2010/briefs/c2010br-04.pdf.
  • Hoeffel E, Rastogi S, Kim M, Shahid H. The Asian population: 2010. 2010 census briefs. Washington, DC: US Department of Commerce, Economics and Statistics Administration, US Census Bureau; March 2012. Available at http://www.census.gov/prod/cen2010/briefs/ c2010br-11.pdf.
  • Singh GK, Siahpush M, Kogan MD. Neighborhood socioeconomic conditions, built environments, and childhood obesity. Health Affairs 2010;29:503-12.
  • Chaparro MP, Whaley SE, Crespi CM, et al. Obesity trends and the neighborhood environment in low-income preschool-aged children in Los Angeles County. Annual Conference of the American Public Health Association, Washington, DC; October 29-November 2, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ