一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)子宮摘出歴の有無による、および65歳以上の女性にお・・・

MMWR抄訳

rss

2013/01/04Vol. 61 / No. 51&52

MMWR61(51&52):1043-1047
Cervical Cancer Screening Among Women by Hysterectomy Status and Among Women Aged -65 Years - United States, 2000-2010

子宮摘出歴の有無による、および65歳以上の女性における子宮頸がんスクリーニング検査-米国、2000~2010年

2003年以降、米国の主要機関(米国産婦人科学会、米国がん協会、米国予防医療作業部会)は良性疾患を原因とした子宮摘出歴がある女性、または適切な検診受診歴のある65歳以上の女性には子宮頸がん検診は不要であると勧告してきた。しかし、行動危険因子サーベイランスシステム(BRFSS)の解析によると、これらの女性のうち多くが不要なパップテスト(子宮頸部細胞診)を受け続けている。BRFSSは18歳以上の米国市民を対象にした無作為抽出の電話による社会調査で、2000年~2010年の隔年で成人女性に対し最近のパップテスト受診の有無やその時期、子宮摘出歴について質問した。10年間の総回答率は46.0%~55.7%であった。子宮摘出歴のある女性のうち3年以内にパップテストを受けた人は、2000年の73.3%から2010年には58.7%に減少した。そのうち30-64歳の女性では81.0%から68.5%に、65歳以上の女性では62.0%から45.0%に減少した。65歳以上で子宮摘出歴のない女性では、73.5%から64.5%に減少した。一方で2010年には、スクリーニング検査を受けるべき女性のうち、30-64歳で子宮摘出歴がなく、医療保険保障のない女性の3分の1が3年以内のパップテストを受けていなかった。BRFSSのデータに基づく推計では、3機関による勧告が出されて以来、約10年間で2,200万人の子宮摘出歴のある女性が不要なスクリーニング検査を受けている。不要な検査を減らし、最も検査が必要とされる女性に資源を集中するためにもパップテストのモニタリングが重要である。

References

  • Freeman H, Wingrove B. Excess cervical cancer mortality: a marker for low access to health care in poor communities. Rockville, MD: National Cancer Institute; 2005. Available at https://pubs.cancer.gov/ncipl/detail.aspx?prodid=t077. Accessed December 18, 2012.
  • Sawaya GF, Grady D, Kerlikowske K, et al. The positive predictive value of cervical smears in previously screened postmenopausal women: the heart and estrogen/progestin replacement study (HERS). Ann Intern Med 2000;133:942-50.
  • Saraiya M, Lee NC, Blackman D, Smith M-J, Morrow B, McKenna MA. Self-reported Papanicolaou smears and hysterectomies among women in the United States. Obstet Gynecol 2001;98:269-78.
  • Yabroff KR, Saraiya M, Meissner HI, et al. Specialty differences in primary care physician reports of Papanicolaou test screening practices: a national survey, 2006 to 2007. Ann Intern Med 2009;151:602-11.
  • American College of Obstetricians and Gynecologists, Committee on Gynecologic Practice. ACOG committee opinion. Recommendations on frequency of Pap test screening: number 152-March 1995. Int J Gynecol Obstet 1995;49:210-1.
  • Stokes-Lampard H, Wilson S, Waddell C, Ryan A, Holder R, Kehoe S. Vaginal vault smears after hysterectomy for reasons other than malignancy: a systematic review of the literature. BJOG 2006;113:1354-65.
  • Wu JM, Wechter ME, Geller EJ, Nguyen TV, Visco AG. Hysterectomy rates in the United States, 2003. Obstet Gynecol 2007;110:1091-5.
  • CDC. Cancer screening-United States, 2010. MMWR 2012;61:41-5.
  • Rauscher GH, Johnson TP, Cho YI, Walk JA. Accuracy of self-reported cancer-screening histories: a meta-analysis. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2008;17:748-57.
  • Brett K, Madans J. Hysterectomy use: the correspondence between selfreports and hospital records. Am J Public Health 1994;84:3.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ