一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2013年(Vol.62)18~30歳の女性における子宮頸癌スクリーニング-・・・

MMWR抄訳

rss

2013/01/04Vol. 61 / No. 51&52

MMWR61(51&52):1038-1042
Cervical Cancer Screening Among Women Aged 18-30 Years - United States, 2000-2010

18~30歳の女性における子宮頸癌スクリーニング-アメリカ、2000~2010年

2012年、American College of Obstetricians and Gynecologists(ACOG)、American Cancer Society(ACS)およびU.S. Preventive Services Task Force(USPSTF)は、子宮頸癌のパップテスト(子宮頸部細胞診)を性行為の有無にかかわらず21歳未満の女性に対しては行わないこと、21~30歳の女性に対しては3年おきに実施することを推奨するガイドラインを発表した。CDCはこのガイドラインの導入前のパップテストの実施状況について、2000~2010年の18~30歳女性を対象としたBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データの分析を行った。分析対象データは50州およびワシントンDCより125,297名分が収集された。その結果、18~21歳の女性では、一度も検査を受けていない人の割合が2000年:26.3%から2010年:47.5%に増加し、過去12ヵ月以内に検査を受けた人は2000年:65.0%から2010年:41.5%に減少しており、全ての人種/民族にてこの傾向が認められた。22~30歳の女性では過去12ヵ月以内に検査を受けた人が2000年:78.1%から2010年:67.0%に減少し、過去13~24ヵ月および25~36ヵ月に検査を受けた人はそれぞれ9.8%から15.3%、2.6%から4.5%に増加しており、全ての人種/民族にて13~36ヵ月前に検査を受けた人が増加した傾向が認められた。また、一度も検査を受けていない人は2000年:6.6%から2010年:9.0%に減少していた。今回の調査はHPVワクチン接種の有無に関する考慮はしていないため、今後、スクリーニング検査の実施状況とワクチンの接種状況を合わせた調査が必要であると考える。

References

  • Benard VB, Watson M, Castle P, Saraiya M. Cervical carcinoma rates among young women in the United States. Obstet Gynecol 2012;120:1117-23.
  • Schiffman M, Wentzensen N, Wacholder S, Kinney W, Gage JC, Castle PE. Human papillomavirus testing in the prevention of cervical cancer. J Natl Cancer Inst 2011;103:368-83.
  • Moyer V, US Preventive Services Task Force. Screening for cervical cancer: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2012;156:880-91.
  • Saraiya M, Berkowitz Z, Yabroff KR, Wideroff L, Kobrin S, Benard V. Cervical cancer screening with both human papillomavirus and Papanicolaou testing vs Papanicolaou testing alone: what screening intervals are physicians recommending? Arch Intern Med 2010;170:977-85.
  • CDC. Cervical cancer screening guidelines for average-risk women. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/cancer/cervical/pdf/guidelines.pdf. Accessed December 21, 2012.
  • Saslow D, Solomon D, Lawson HW, et al. American Cancer Society, American Society for Colposcopy and Cervical Pathology, and American Society for Clinical Pathology screening guidelines for the prevention and early detection of cervical cancer. Am J Clin Pathol 2012;137:516-42.
  • American Congress of Obstetricians and Gynecologists. ACOG practice bulletin no. 131: screening for cervical cancer. Obstet Gynecol 2012;120:1222-38.
  • Bruinsma FJ, Quinn MA. The risk of preterm birth following treatment for precancerous changes in the cervix: a systematic review and metaanalysis. BJOG 2011;118:1031-41.
  • Maclaughlin KL, Angstman KB, Flynn PM, Schmitt JR, Weaver AL, Shuster LT. Predictors of patient comfort and adherence with less frequent cervical cancer screening. Qual Prim Care 2011;19:355-63.
  • American Congress of Obstetricians and Gynecologists. ACOG practice bulletin no. 109: screening for cervical cancer. Obstet Gynecol 2009;114:1409-20.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ