一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)初めての全国規模予防接種キャンペーン後のA群血清型・・・

MMWR抄訳

rss

2012/12/21Vol. 61 / No. 50

MMWR61(50):1022-1024
Serogroup A Meningococcal Conjugate Vaccine Coverage After the First National Mass Immunization Campaign - Burkina Faso, 2011

初めての全国規模予防接種キャンペーン後のA群血清型髄膜炎菌に対するコンジュゲートワクチン接種率-ブルキナファソ、2011年

2010年12月、ブルキナファソはA群血清型髄膜炎菌に対する新しいコンジュゲートワクチン(PsA-TT)を初めて導入し、アフリカのサハラ以南に流行する細菌性髄膜炎を根絶するため全国で集団予防接種キャンペーンを実施した。この集団予防接種は1,600万人の国民の70%にあたる1~29歳の国民を対象とし、10日間で1,100万回分以上のワクチンが接種され、接種率は102.6%と推計された。A群血清型髄膜炎とその保菌者に対するPsA-TTの効果を評価するには接種率の精密な推計が必要であるため、2011年12月、ブルキナファソの保健省はCDCと共同で接種対象人口におけるワクチン接種率の地域および年齢別層別化調査を行った。2006年の国勢調査に基づき抽出枠を設定し、13地域の6,455世帯23,890人を調査した。全国的な接種率は95.9%(74.3%が予防接種カードに記録あり、21.6%が記憶による)で、13地域における接種率は90.8%~98.3%であった。年齢別(接種時年齢1~29歳)の接種率は2~5歳の小児は97.0%、6~15歳では97.4%、16~30歳では93.4%であった。女性の接種率は96.1%、男性は95.8%であった。ワクチン接種を受けなかった理由が判明した775名は、情報を知らなかった(44.2%)、不在(16.4%)などが主な理由で、キャンペーンの告知に有効な方法は、触れ役(集落を回って告知する人)(36.8%)、居住区の医療従事者(24.0%)、家族(13.4%)、学校(9.6%)であった。集団接種後2年間、接種地域にA群血清型髄膜炎の発症はなく(非接種地域では1例)、99.8%のリスク低下を認めた。 この結果は、A群血清型髄膜炎菌の保菌と伝達を断ち切る第一のステップとして全国集団予防接種による新ワクチンの導入が成功したことを示している。アフリカの“髄膜炎ベルト”と呼ばれる国々には2016年までにPsA-TTワクチンの段階的な導入が計画されており、ブルキナファソにおける成功例が他国での導入の助けになるであろう。

References

  • Djingarey MH, Barry R, Bonkoungou M, et al. Effectively introducing a new meningococcal A conjugate vaccine in Africa: the Burkina Faso experience. Vaccine 2012;30 (Suppl 2):B40-5.
  • Meningitis Vaccine Project. Vaccine introduction: subsequent campaigns. Seattle, WA: PATH; Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at http://www.meningvax.org/next-campaigns.php. Accessed December 7, 2012.
  • Greenwood B. Manson lecture. Meningococcal meningitis in Africa. Trans R Soc Trop Med Hyg 1999;93:341-53.
  • Meningitis Vaccine Project. Vaccine introduction and communication activities. MVP News Digest 2010;27:1-2.
  • Meningitis Vaccine Project. Vaccine introduction and communication activities. MVP News Digest 2011;31:1-2.
  • Haddad S, Bicaba A, Feletto M, Fournier P, Zunzunegui MV. Heterogeneity in the validity of administrative-based estimates of immunization coverage across health districts in Burkina Faso: implications for measurement, monitoring and planning. Health Policy Plan 2010;25:393-405.
  • Novak RT, Kambou JL, Diomandé FV, et al., Serogroup A meningococcal conjugate vaccination in Burkina Faso: analysis of national surveillance data. Lancet Infect Dis 2012;12:757-64.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ