一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)ある大学のキャンパスにおけるムンプスのアウトブレイ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/12/07Vol. 61 / No. 48

MMWR61(48):986-989
Mumps Outbreak on a University Campus - California, 2011

ある大学のキャンパスにおけるムンプスのアウトブレイク-カリフォルニア、2011年

2011年9月29日、California Department of Public Health(CDPH)はある大学の学生保健管理センターにおいてムンプスが疑われた学生3例の検査を行い、PCR法にてムンプスと確定診断した。これを受けて、CDPHと学生保健管理センター、地域の保健局は同大学におけるムンプスのアウトブレイクの調査を開始した。この報告は、この調査結果とアウトブレイクに対する対応をまとめたものである。発端者と思われる21歳の男子学生はムンプスの予防接種を受けておらず、ムンプスウイルスが広がっている西ヨーロッパに最近旅行に行っており、2011年8月25日に発熱と片側の顔面および顎の腫脹を主訴として学生保健管理センターを受診した。当初蜂巣炎と診断され抗生物質を処方されたが、発症から6日後に精巣痛が発現しムンプスを疑われた。しかしこの時点で、地域の保健局にムンプス疑い例の発生は報告されなかった。ムンプスの平均潜伏期間は16~18日であるため、発端者の発症からCDPHがムンプスと確定診断した9月29日までに少なくとも2世代のウイルス伝播が起こっていたと考えられた。最終的に、2011年8月25日~2012年1月7日のアウトブレイク中29例のムンプス症例を確認した。このうち22例(76%)は、推奨されている麻疹・ムンプス・風疹ワクチン(MMR)ワクチンの2回接種歴があった。さらなる大規模なアウトブレイクを避けるため、地域の保健局と大学は全ての大学関係者に対してMMRワクチンの接種を提供した。大学におけるムンプスのアウトブレイクは、大学が入学許可の条件としてMMRワクチンの接種(予防接種の記録、あるいは他の免疫の証明を含む)を含めることにより予防できる可能性がある。またアウトブレイクの抑制には、ムンプスに対する臨床的注意の喚起、適切な検査、疑いのある患者の公衆衛生局への迅速な報告が不可欠である。

References

  • Parker Fiebelkorn A, Barskey A, Hickman C, Bellini W. Mumps [Chapter 9]. In: Roush SW, McIntyre L, Baldy LM, eds. Manual for the surveillance of vaccine-preventable diseases. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www. cdc.gov/vaccines/pubs/surv-manual/chpt09-mumps.html. Accessed November 26, 2012.
  • American College Health Association. ACHA guidelines recommendations for institutional prematriculation immunizations. Hanover, MD: American College Health Association; 2011. Available at http://www.acha.org/ publications/docs/acha_ripi_mar2011.pdf. Accessed August 29, 2012.
  • Cohen C, White JM, Savage EJ, et al. Vaccine effectiveness estimates, 2004-2005 mumps outbreak, England. Emerg Infect Dis. 2007;13:12-7.
  • CDC. Update: mumps outbreak-New York and New Jersey, June 2009-January 2010. MMWR 2010;59:125-9.
  • CDC. Update: multistate outbreak of mumps-United States, January 1-May 2, 2006. MMWR 2006;55:559-63.
  • World Health Organization. Mumps. Immunization surveillance, assessment and monitoring. Geneva, Switzerland: World Health organization; 2012. Available at http://www.who.int/immunization_monitoring/diseases/ mumps/en. Accessed December 4, 2012.
  • CDC. Mumps epidemic-Iowa, 2006. MMWR 2006;55:366-8.
  • Cortese MM, Jordan HT, Curns AT, et al. Mumps vaccine performance among university students during a mumps outbreak. Clin Infect Dis 2008;46:1172-80.
  • Nelson G, Aguon AL, Quiambao E, et al. Third dose MMR intervention during a mumps outbreak in a highly-vaccinated population-Guam 2009-2010 [Abstract no. 25454]. 45th National Immunization Conference; Washington, DC; March 28-31, 2011. Available at http:// cdc.confex.com/cdc/nic2011/webprogram/Paper25454.html. Accessed August 29, 2012.
  • Ogbuanu IU, Kutty PK, Hudson JM, et al. Impact of a third dose of measles-mumps-rubella vaccine on the course of a mumps outbreak. Pediatrics 2012;130:e1567-74.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ