一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)男性間性行為によるHIV感染症-大都市統計地域、ア・・・

MMWR抄訳

rss

2012/11/30Vol. 61 / No. 47

MMWR61(47):962-966
HIV Infections Attributed to Male-to-Male Sexual Contact - Metropolitan Statistical Areas, United States and Puerto Rico, 2010

男性間性行為によるHIV感染症-大都市統計地域、アメリカおよびプエルトリコ、2010年

2009年、アメリカにおけるHIV感染症新規例の64%が男性間性行為(MSM)によるものと推定されており、CDCは50州およびプエルトリコの13歳以上におけるMSMによるHIV感染率の地理的相違について、2010年の新規診断例の感染原因および地域の分析を行った。対象は564地域[大都市統計地域(MSA):103、中小都市地域:263、非都市部:198]より2011年6月までにNational HIV Surveillance Systemに報告されたHIV新規診断例とした。その結果、2010年における13歳以上のHIV新規診断例は47,477例(MSA:37,934、中小都市:5,677、非都市部:3,272例)と推定され、うちMSMによる感染例は28,851例(MSA:23,559、中小都市:3,182、非都市部:1,756例)であった。感染原因はMSAではMSM(62.1%)、異性間性行為(26.7%)、静注ドラッグ(8.1%)、MSM+静注ドラッグ(3.0%)であり、中小都市地域ではそれぞれ56.1%、31.7%、8.8%、3.2%、非都市部では53.7%、32.9%、9.6%、3.7%と同様の傾向を示した。MSMによる感染例のうち11,410例(48.4%)は、ニューヨーク(ニューヨーク)/ニュージャージー/ペンシルベニア:3,347、ロサンゼルス(カルフォルニア):2,589、マイアミ(フロリダ):1,481、アトランタ-サンディスプリング-マリエッタ(ジョージア):1,059、シカゴ(イリノイ)/インディアナ/ウィスコンシン:1,011、ダラス(テキサス):995、ヒューストン-ベイタウン-シュガーランド(テキサス):928の7地域が占めていた。これら7地域の13歳以上の住民は、MSA全体における13歳以上の住民の37.1%(53,169,004/167,919,694名)である。また、MSMによる感染例の割合が大きい地域はロサンゼルス(81.9%)、フレズノ(80.8%)、モデスト(78.8%)、オックスナード-サウザンドオークス-ベンチュラ(78.2%)であった(いずれもカルフォルニア州)。これらのデータは今後、MSMによるHIV感染に対する予防介入を計画する上で有用である。

References

  • Prejean J, Song R, Hernandez A, et al. Estimated HIV incidence in the United States, 2006-2009. PLoS One 2011;6:e17502.
  • CDC. AIDS cases, by geographic area of residence and metropolitan statistical area of residence, 2004. HIV/AIDS surveillance supplemental report. Vol. 12, No. 2. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at http://www.cdc.gov/hiv/surveillance/resources/ reports/2006supp_vol12no2/pdf/cover.pdf. Accessed November 21, 2012.
  • Song R, Green TA. An improved approach to accounting for reporting delay in case surveillance systems. JP Journal of Biostatistics 2012;7:1-14.
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618-27.
  • Rubin, DB. Multiple imputation for nonresponse in surveys. New York, NY: John Wiley & Sons, Inc.; 1987.
  • CDC. Diagnoses of HIV infection and AIDS in the United States and dependent areas, 2010. HIV surveillance report, 2010. Vol. 22. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/hiv/surveillance/resources/reports/ 2010report/index.htm. Accessed November 21, 2012.
  • CDC. Terms, definitions, and calculations used in CDC HIV surveillance publications. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at http://www.cdc.gov/hiv/topics/ surveillance/resources/factsheets/pdf/surveillance_terms_definitions.pdf. Accessed November 21, 2012.
  • Purcell DW, Johnson CH, Lansky A, et al. Estimating the population size of men who have sex with men in the United States to obtain HIV and syphilis rates. Open AIDS J 2012;6:98-107.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ