一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)自発的医学的男子割礼サービス提供の進歩-ケニア、2・・・

MMWR抄訳

rss

2012/11/30Vol. 61 / No. 47

MMWR61(47):957-961
Progress in Voluntary Medical Male Circumcision Service Provision - Kenya, 2008-2011

自発的医学的男子割礼サービス提供の進歩-ケニア、2008~2011年

2007年、ケニアにおけるHIV有病率は15~64歳にて7.1%であり、州別では北東州:0.8%~ニャンザ州:14.9%であった。ケニアでは男性の85.0%が割礼していると推定されているが、割礼していない男性の約半数がニャンザ州に住んでおり、ニャンザ州の割礼率は48.2%である。医学的男性割礼は男性のHIV感染を約60%抑制すると報告されており、WHOおよびJoint United Nations Programme on HIV/AIDSはHIV抑制措置として男性割礼を推奨している。ケニア保健省(MOH)は割礼率が低く、HIV発症率の高い州に対し、自発的医学的男子割礼(VMMC)サービスの実施を優先的に行っており、2013年末までに15~49歳の割礼していない男性80%にVMMCを実施することを目標としている。ここでは2008~2011年におけるVMMCの拡大状況について報告する。2011年12月までに、ケニアでは260のCDC支援地域にて340,958名の男性がVMMCを受けた(2008年:8,220、2009年:50,051、2010年:114,735、2011年:167,952名)。うち280,713名(82.3%)がニャンザ州の男性であり、ニャンザ州でのVMMC率は15~49歳にて52.2%となった。割礼していない男性はニャンザ州のほか、リフトバレー、ナイロビおよび西部州に多く、これらの州におけるVMMC率はそれぞれ1.2、19.3、30.4%となり、4州全体では31.8%となった。VMMCを受けた男性のHIV検査率は2008年:60.5%から2011年:86.4%に増加、2011年までにHIV感染症と診断された症例は5,215例であった。また、術後7日以内の受診を勧めたが、実際に受診した症例は27.5%であり、術後有害事象(中等度~重度)の発現率は2.6%であった(2009年4.6%、2011年:1.9%)。

References

  • National AIDS and STI Control Programme. Kenya AIDS Indicator Survey 2007: final report. Nairobi, Kenya: Ministry of Health, National AIDS and STI Control Programme; 2009. Available at http://nascop. or.ke/library/3d/KAIS_2007_Final.pdf. Accessed November 20, 2012.
  • World Health Organization, UNAIDS. New data on male circumcision and HIV prevention: policy and programme implications. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. Available at http://www. who.int/hiv/pub/malecircumcision/research_implications/en/index.html. Accessed November 20, 2012.
  • National AIDS and STI Control Programme. National guidance for voluntary male circumcision in Kenya. Nairobi, Kenya: Ministry of Health, National AIDS and STI Control Programme; 2008. Available at http://malecircumcision.org/programs/documents/KenyaMCguidance.pdf. Accessed November 21, 2012.
  • Mwandi Z, Murphy A, Reed J, et al. Voluntary medical male circumcision: translating research into rapid expansion of services in Kenya, 2008-2011. PloS Med 2011;8(11):e1001130.
  • Kenya National Bureau of Statistics, ICF Macro. Kenya demographic and health survey 2008-09. Nairobi, Kenya: Kenya National Bureau of Statistics; Calverton, MD: ICF Macro; 2010. Available at http://www.measuredhs. com/pubs/pdf/fr229/fr229.pdf. Accessed November 20, 2012.
  • Mwandi Z, Bunnell R, Cherutich P, et al. Male circumcision programmes in Kenya: lessons from the Kenya AIDS Indicator Survey 2007. Bull World Health Organ 2012;90:642-51.
  • National AIDS and STI Control Programme. Kenya national strategy for voluntary medical male circumcision 2008-2013. Nairobi, Kenya: Ministry of Health, National AIDS and STI Control Programme; 2009. Available at http://nascop.or.ke/library/VMMC/VMMC%20Strategy.pdf. Accessed November 20, 2012.
  • US Agency for International Development. The potential cost and impact of expanding male circumcision in Nyanza, Kenya. Washington, DC: US Agency for International Development; 2009. Available at http://www. malecircumcision.org/programs/documents/Kenya11209.pdf. Accessed October 25, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ