一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)成人における慢性閉塞性肺疾患-アメリカ、2011年

MMWR抄訳

rss

2012/11/23Vol. 61 / No. 46

MMWR61(46):938-943
Chronic Obstructive Pulmonary Disease Among Adults - United States, 2011

成人における慢性閉塞性肺疾患-アメリカ、2011年

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は呼吸困難や肺気流制限などを特徴とする呼吸器疾患であり、慢性下気道疾患(2008年のアメリカにおける死因の第3位)による死亡の主因である。アメリカの成人におけるCOPDの州別有病率とCOPD患者のQOLおよび医療資源利用について検討するため、CDCは50州、ワシントンDC、プエルトリコにおける2011年Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータを分析した。全回答者のうち6.3%(39,038/498,225名)が、医師やその他の医療従事者にCOPDを有していると言われたことがあると回答した。COPDの年齢別有病率は、18~44歳群は3.2%であったが=75歳群では11.6%まで上昇した。サブグループ別のCOPD有病率は、非ラテンアメリカ系白人と非ラテンアメリカ系黒人がラテンアメリカ系よりも高く(それぞれ6.3%、6.1%、4.0%)、女性が男性よりも高く(6.7%、5.2%)、高校卒業レベル未満群が高校卒業レベル群、大学レベル群よりも高く(9.5%、6.8%、4.6%)、離婚/死別/別居群が既婚群よりも高く(9.4%、4.6%)、就労不能群、失業群、退職群が主婦・学生群、就労群よりも高く(20.9%、7.8%、7.6%、4.9%、3.8%)、年間世帯収入<25,000ドル群が=75,000ドル群よりも高く(9.9%、2.8%)、現在の喫煙者が元喫煙者、未喫煙者よりも高く(13.3%、6.8%、2.8%)、喘息既往歴のある者がない者よりも高かった(20.3%、3.8%)。州別のCOPD有病率は3.1%~9.3%(中央値5.8%)であった。21州、ワシントンDC、プエルトリコのCOPD患者13,306例において、76.0%はCOPD診断のため呼吸機能検査(スパイロメトリーなど)を受けたことがあり、55.6%はCOPD治療のため最低1日1回服薬しており、43.2%は過去12ヶ月以内にCOPD関連症状のため医師を受診しており、17.7%は過去12ヶ月以内にCOPDのため救急診療部(ED)を受診あるいは入院しており、64.2%はCOPD症状(息切れ)がQOL低下に関与していると感じていた。州レベルおよび地域レベルでのCOPDの持続的なサーベイランスは、COPDに関する教育的キャンペーン活動が最も有益なコミュニティの同定と、COPDの予防・治療・コントロールに関連した公衆衛生対策の有効性の評価に重要である。

References

  • Kochanek KD, Xu J, Murphy SL, Mini?o AM, Kung H. Deaths: final data for 2009. Natl Vital Stat Rep 2011;60(3).
  • CDC. Methodologic changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and potential effects on prevalence estimates. MMWR 2012;61:410-3.
  • Akinbami LJ, Liu X. Chronic obstructive pulmonary disease among adults aged 18 and over in the United States, 1998-2009. National Center for Health Statistics data brief no. 63. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011.
  • CDC. Chronic obstructive pulmonary disease surveillance-United States, 1971-2000. MMWR 2002;51(No. SS-6).
  • Holt JB, Zhang X, Presley-Cantrell L, Croft J. Geographic disparities in chronic obstructive pulmonary disease (COPD) hospitalization among Medicare beneficiaries in the United States. Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 2011;6:321-8.
  • CDC. Deaths from chronic obstructive pulmonary disease-United States, 2000-2005. MMWR 2008;57:1229-32.
  • Lee PN, Fry JS. Systematic review of the evidence relating FEV1 decline to giving up smoking. BMC Med 2010;8:84.
  • Eisner MD, Balmes J, Yelin EH, et al. Directly measured secondhand smoke exposure and COPD health outcomes. BMC Pulm Med 2006;6:12.
  • Mannino DM, Gagnon RC, Petty TL, Lydick E. Obstructive lung disease and low lung function in adults in the United States: data from the national health and nutrition examination survey, 1988-1994. Arch Intern Med 2000;160:1683-9.
  • Rennard S, Decramer M, Calverley PMA, et al. Impact of COPD in North America and Europe in 2000: subjects’ perspective of Confronting COPD International Survey. Eur Respir J 2002;20:799-805.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ