一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)診断された糖尿病の罹患率の増加-アメリカおよびプエ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/11/16Vol. 61 / No. 45

MMWR61(45):918-921
Increasing Prevalence of Diagnosed Diabetes - United States and Puerto Rico, 1995-2010

診断された糖尿病の罹患率の増加-アメリカおよびプエルトリコ、1995~2010年

2010年、アメリカにおける糖尿病診断例は1,880万例、未診断例は700万例と推定されており、1990年以降、すべての年齢層において性別、人種/民族に関わらず増加している。1995~2010年のBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データ(50州およびDC、プエルトリコ)の分析では、年齢補正発症率(中央値)は全体で4.5~8.2%であり、1995年に発症率が6%以上であった州および地域はDC(6.1%)、カリフォルニア州(6.2%)、ミシシッピ州(6.3%)、ルイジアナ州(6.7%)、プエルトリコ(11.7%)であったが、2010年にはすべての州および地域にて6%以上となった。地域別では南部:9.8%、中西部:7.5%、北東部:7.3%、西部:7.3%であり、州別ではアラバマ州(11.3%)、ミシシッピ州(11.7%)、プエルトリコ(12.7%)、サウスカロライナ州(10.0%)、テネシー州(10.6%)、テキサス州(10.0%)、ウエストバージニア州(10.4%)にて10%以上の高値、アラスカ州(6.0%)、コロラド州(6.1%)、コネチカット州(6.7%)、アイオワ州(6.8%)、ミネソタ州(6.4%)、モンタナ州(6.3%)、ノースダコタ州(6.9%)、オレゴン州(6.6%)、サウスダコタ州(6.2%)、ウィスコンシン州(6.6%)、バーモント州(6.1%)、ワイオミング州(6.8%)にて低値であった。この間の上昇率は全体では82.2%(プエルトリコ:8.5%~オクラホマ州:226.7%)であり、42州にて50%以上、18州にて100%以上の上昇率を認め、地域別では南部:104.2%、西部:82.5%、中西部:66.7%、北東部:62.2%であった。以上の結果は糖尿病の発症予防および糖尿病リスク因子の抑制に対する積極的な介入措置の重要性を示唆するものである。

References

  • CDC. National diabetes fact sheet: national estimates and general information on diabetes and prediabetes in the United States, 2011. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at http://www.cdc.gov/diabetes/pubs/factsheet11.htm. Accessed September 20, 2012.
  • CDC. Diabetes data and trends. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Diabetes Surveillance System. Available at www.cdc.gov/diabetes/statistics. Accessed November 8, 2012.
  • Geiss LS, Cowie C. Type 2 diabetes and persons at high risk of diabetes. In: Venkat Narayan KM, Williams D, Gregg EW, Cowie C, eds. Diabetes public health: from data to policy. New York, NY: Oxford University Press; 2011:15-32.
  • Gregg EW, Cheng YJ, Saydah S, et al. Trends in death rates among U.S. adults with and without diabetes between 1997 and 2006. Findings from the National Health Interview Survey. Diabetes Care 2012;35:1252-7.
  • Li Y, Burrows NR, Gregg EW, Albright A, Geiss LS. Declining rates of hospitalization for nontraumatic lower-extremity amputation in the diabetic population aged 40 years or older: U.S., 1988-2008. Diabetes Care 2012;35:273-7.
  • CDC. Incidence of end-stage renal disease attributed to diabetes among persons with diagnosed diabetes-United States and Puerto Rico, 1996-2007. MMWR 2010;59:1361-6.
  • Saaddine JB, Cadwell B, Gregg EW, et al. Improvements in diabetes processes of care and intermediate outcomes: United States, 1988-2002. Ann Intern Med 2006;144:465-74.
  • Mokdad AH, Ford ES, Bowman BA, et al. Diabetes trends in the U.S.: 1990-1998. Diabetes Care 2000;23:1278-83.
  • CDC. Estimated county-level prevalence of diabetes and obesity- United States, 2007. MMWR 2009;58:1259-63.
  • Barker LE, Kirtland KA, Gregg EW, Geiss LS, Thompson TJ. Geographic distribution of diagnosed diabetes in the U.S. A diabetes belt. Am J Prev Med 2011;40:434-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ