一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)成人におけるてんかんとケアの利用-アメリカ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2012/11/16Vol. 61 / No. 45

MMWR61(45):909-913
Epilepsy in Adults and Access to Care - United States, 2010 

成人におけるてんかんとケアの利用-アメリカ、2010年

成人におけるてんかんの罹患率、ケアの利用および提供について、2010年のNational Health Interview Survey(NHIS)データの分析が行われた。調査対象成人27,139名のうち、てんかん患者は480名(1.8%、アメリカ全体で約410万人に相当)であり、うち275名(1.0%、同230万人)は活動性てんかん(てんかんの既往があり、現在も服薬中)、198名(0.8%、同170万人)は非活動性てんかん(1年間発作がなく、現在服薬していない)であった。活動性、非活動性てんかんともに年齢、性別、教育レベルによる有意な相違は認められなかったが、てんかんの既往および活動性てんかんは白人、黒人、低所得者層(年収<=$34,999)にて多く認められ、低所得者層での活動性/非活動性てんかんの罹患率は1.9/1.2%(計3.1%)であった。調査時前12ヵ月間に家庭医を受診したてんかん患者は76.6%(活動性:86.4%、非活動性:63.0%)と非てんかん患者(66.1%)に比べ有意に多く認められ、年齢別では18~34歳:65.7%、35~54歳:77.6%、55~64歳:79.6%、65歳以上:93.1%と年齢に伴う増加が認められた。神経科医またはてんかん専門医を受診した患者は全体で33.4%、活動性てんかん患者では52.8%であり、年齢、性別、人種/民族による有意な相違は認めなかった。

References

  • Avanzini G, Beghi E, de Boer H, et al. Epilepsy. In: World Health Organization. Neurological disorders: public health challenges. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2006:56-69. Available at http:// www.who.int/mental_health/neurology/neurodiso/en/index.html. Accessed November 9, 2012.
  • Institute of Medicine. Epilepsy across the spectrum: promoting health and understanding. Washington, DC: The National Academy Press; 2012. Available at http://www.iom.edu/epilepsy. Accessed November 8, 2012.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Disability and health objectives: barriers to health care. DH-6. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. Available at http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/ objectiveslist.aspx?topicId=9. Accessed November 9, 2012.
  • Thurman DJ, Beghi E, Begley CE, et al. Standards for epidemiologic studies and surveillance of epilepsy. Epilepsia 2011;52(Suppl 7):2-26.
  • CDC. Current trends prevalence of self-reported epilepsy-United States, 1986-1990. MMWR 1994;43:810-1, 817-8.
  • Kobau R, Zahran H, Thurman DJ, et al. Epilepsy surveillance among adults-19 states, Behavioral Risk Factor Surveillance System, 2005. MMWR 2008;57(No. SS-6).
  • Brooks DR, Avetisyan R, Jarrett KM, et al. Validation of self-reported epilepsy for purposes of community surveillance. Epilepsy Behav 2012;23:57-63.
  • Holden EW, Nguyen HT, Grossman E, et al. Estimating prevalence, incidence, and disease-related mortality for patients with epilepsy in managed care organizations. Epilepsia 2005;46:311-9.
  • Ottman R, Lipton RB, Ettinger AB, et al. Comorbidities of epilepsy: results from the Epilepsy Comorbidities and Health (EPIC) survey. Epilepsia 2011;52:308-15.
  • Hirtz D, Thurman DJ, Gwinn-Hardy K, Mohammed M, Chaudhuri AR, Zalutsky R. How common are the “common” neurologic disorders? Neurology 2007;68:326-37.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ