一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)成人における現在の喫煙-アメリカ、2011年

MMWR抄訳

rss

2012/11/09Vol. 61 / No. 44

MMWR61(44):889-894
Current Cigarette Smoking Among Adults - United States, 2011  

成人における現在の喫煙-アメリカ、2011年

アメリカにおいて、喫煙は予防可能な死亡および疾患の最大の原因である。2010年U.S. Surgeon Generalの報告によると、アメリカでは毎年約443,000人の成人が喫煙関連疾患により死亡している。さらに、1年間の喫煙に関連した費用は直接医療費が960億ドル、生産性喪失が970億ドルと推定されている。Healthy people 2020が目標としている成人(18歳以上)の喫煙減少(目標喫煙率12%)への進捗状況を評価するため、CDCのOffice on Smoking and Healthは2011年のNational Health Interview Survey(NHIS)の全国の紙巻きたばこの現在喫煙率に関するデータを分析した。現在喫煙者は、生涯に少なくとも100本の紙巻きたばこを吸っており、インタビュー時に毎日あるいはときどき喫煙している者とした。2011年の成人の紙巻きたばこの現在喫煙率は19.0%(4,380万人)であり、2010年の喫煙率(19.3%)に比べて有意な変化はみられなかった。現在喫煙者の77.8%(3,410万人)は毎日喫煙者であった。また過去1年間に喫煙を中止した経験のある現在喫煙者のうち、51.8%は禁煙を試みて1日未満で喫煙を中止した経験があった。2011年の男女別喫煙率は男性21.6%、女性16.5%であり、人種/民族別では非ラテンアメリカ系アジア人が最低(9.9%)、非ラテンアメリカ系アメリカンインディアン/アラスカ先住民が最高(31.5%)、年齢別では65歳以上が最低(7.9%)、25~44歳が最高(22.1%)であった。また連邦貧困レベル未満群(29.0%)は貧困レベル以上群(17.9%)よりも喫煙率が高く、障害や活動制限を有する群(25.4%)は障害などのない群(17.3%)よりも喫煙率が高かった。毎日喫煙者において、1日の喫煙本数が30本以上の喫煙者の割合は2005年の12.6%から2011年には9.1%へと有意に低下したが、1日の喫煙本数が1~9本の喫煙者の割合は16.4%から22.0%へと有意に増加した。成人の喫煙率をHealthy people 2020の目標まで低下させるためには、エビデンスに基づいた効果的なたばこ規制介入(たばこ製品の値上げ、メディアの禁煙キャンペーン、職場や公共の場での喫煙を禁止する禁煙法の制定、禁煙支援へのバリアフリーのアクセス)の持続と強化が必要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. How tobacco smoke causes disease: the biology and behavioral basis for smoking-attributable disease: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www. cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2010/index.htm>. Accessed November 1, 2012.
  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008; 57:1226-8.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/ best_practices/index.htm>. Accessed August 28, 2012.
  • CDC. 2011 National Health Interview Survey (NHIS) public use data release. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. Available at <ftp:// ftp.cdc.gov/pub/health_statistics/nchs/dataset_documentation/ nhis/2011/srvydesc.pdf>. Accessed November 1, 2012.
  • Pierce JP, Messer K, White MM, Cowling DW, Thomas DP. Prevalence of heavy smoking in California and the United States, 1965-2007. JAMA 2011;305:1106-12.
  • CDC. Vital signs: current cigarette smoking among adults aged >=18 years-United States, 2009. MMWR 2010;59:1135-40.
  • CDC. Vital signs: current cigarette smoking among adults aged >=18 years-United States, 2005-2010. MMWR 2011;60:1207-12.
  • CDC. Cigarette smoking among adults and trends in smoking cessation-United States, 2008. MMWR 2009;58:1227-32.
  • Rigotti N, Wakefield M. Real people, real stories: a new mass media campaign that could help smokers quit. Ann Intern Med [Epub ahead of print]; September 25, 2012.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among person aged 17 years or older: Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988-1994. Am J Epidemiol 2001;153:807-14.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ