一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)生殖可能年齢女性における現喫煙率と間接喫煙曝露-1・・・

MMWR抄訳

rss

2012/11/02Vol. 61 / No. 43

MMWR61(43):877-882
Current Tobacco Use and Secondhand Smoke Exposure Among Women of Reproductive Age - 14 Countries, 2008-2010 

生殖可能年齢女性における現喫煙率と間接喫煙曝露-14ヵ国、2008~2010年

喫煙および間接喫煙(SHS)は、生殖可能年齢女性において妊娠合併症、早期産、死産のどを引き起こすことがある。低中間所得国の生殖可能年齢女性における喫煙およびSHSのデータが不足しているため、Global Adult Tobacco Survey(GATS)データより、低中間所得国14ヵ国の生殖可能年齢(15~49歳)女性における喫煙率およびSHS曝露率の分析を行った。回答率はポーランド(65.1%)~ロシア(97.7%)、有効回答数はウルグアイ(1,570名)~インド(28,482名)であった。その結果、現喫煙率はエジプト(0.4%)、バングラデシュ(0.8%)、ベトナム(0.8%)、中国(1.5%)、インド(1.6%)、タイ(2.3%)にて低く、次いでフィリピン(6.5%)、メキシコ(8.3%)、ブラジル(12.7%)、ウクライナ(17.7%)、トルコ(17.8%)、ウルグアイ(24.7%)、ポーランド(26.9%)と続き、ロシア(30.8%)が最も高値であった。喫煙率が3%以上の国のうち、ブラジル、フィリピンおよびポーランドでは35~49歳にて喫煙率が高く、他の国々では若い年齢層にて高値であった。無煙タバコの喫煙率はバングラデシュ(20.1%)、インド(14.9%)を除き、いずれも1%未満であった。自宅でのSHS曝露率はメキシコ(17.8%)~ベトナム(72.3%)、職場でのSHS曝露率はウルグアイ(11.0%)~エジプト(53.0%)であった。女性の喫煙率が低い国々でSHS曝露率が高く、女性に対する禁煙の促進とともに、男性に対する禁煙および喫煙開始の防止が生殖可能年齢女性のSHS曝露を抑制すると考えられる。

References

  • CDC. The health consequences of smoking: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2004. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/ sgr/2004/complete_report/index.htm>. Accessed October 24, 2012.
  • CDC. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.cdc.gov/ tobacco/data_statistics/sgr/2006/index.htm>. Accessed October 25, 2012.
  • England LJ, Kim SY, Tomar SL, et al. Non-cigarette tobacco use among women and adverse pregnancy outcomes. Acta Obstet Gynecol Scand 2010; 89:454-64.
  • United Nations. World fertility data 2008. New York, NY: United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division; 2009. Available at <http://www.un.org/esa/population/publications/WFD%202008/ Main.html>. Accessed April 23, 2012.
  • Giovino GA, Mirza SA, Samet JM, et al. Tobacco use in 3 billion individuals from 16 countries: an analysis of nationally representative cross-sectional household surveys. Lancet 2012;380:668-79.
  • Borland R, Yong HH, Cummings KM, Hyland A, Anderson S, Fong GT. Determinants and consequences of smoke-free homes: findings from the International Tobacco Control (ITC) Four Country Survey. Tob Control 2006;15(Suppl 3):iii42-50.
  • Mejia AB, Ling PM. Tobacco industry consumer research on smokeless tobacco users and product development. Am J Public Health 2010;100: 78-87.
  • Bloch M, Tong VT, Novotny TE, et al. Tobacco use and secondhand smoke exposure among pregnant women in low- and middle-income countries: a call to action. Acta Obstet Gynecol Scand 2010;89:418-22.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2009: implementing smoke-free environments. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/ tobacco/mpower/2009/en/index.html>. Accessed October 25, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ