一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)免疫不全状態の成人に対する13価肺炎球菌結合型ワク・・・

MMWR抄訳

rss

2012/10/12Vol. 61 / No. 40

MMWR61(40):816-819
Use of 13-Valent Pneumococcal Conjugate Vaccine and 23-Valent Pneumococcal Polysaccharide Vaccine for Adults with Immunocompromising Conditions: Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) 

免疫不全状態の成人に対する13価肺炎球菌結合型ワクチンおよび23価肺炎球菌多糖体ワクチンの使用: Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)の勧告

2012年6月20日、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は免疫不全状態、機能的/解剖学的無脾症、脳脊髄液(CSF)漏出、人工内耳を有する成人(19歳以上)に対する13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13)の接種を推奨した。現在これら成人グループには23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPSV23)の接種が推奨されているが、さらにPCV13の接種も必要となる。免疫不全状態の成人におけるPCV13接種の有益性とリスクのエビデンスは、Grading of Recommendations, Assessment, Development and Evaluation(GRADE)フレームワークによる評価でカテゴリーAの勧告に分類された。この報告は、免疫不全状態の成人における肺炎球菌感染症の疫学、ACIPが勧告を作成するために考慮したPCV13に関するエビデンス、PCV13とPPSV23の費用対効果、PCV13とPPSV23の使用に関する新たなACIP勧告の概要について紹介したものである。Streptococcus pneumoniaeは依然としてアメリカの成人における重篤な疾患(菌血症、髄膜炎など)の主因であり、HIV感染症患者など一部の医学的状態を有する者は侵襲性肺炎球菌疾患(IPD)のリスクが高い。免疫不全状態の成人において、2010年に発症したIPDの50%はPCV13に含まれる血清型のウイルスが原因であり、さらに21%はPPSV23のみに含まれる血清型のウイルスが原因であった。今回のACIP勧告の概要は以下のとおりである。免疫不全状態、機能的/解剖学的無脾症、CSF漏出、人工内耳を有しPCV13あるいはPPSV23の接種歴のない成人(19歳以上)は、最初にPCV13を1回接種し、次にPPSV23を少なくとも8週後に1回、さらにその後PPSV23をリスクの高い成人に対する現在の勧告に準じて接種する。特に機能的/解剖学的無脾症の成人(19~64歳)と免疫不全状態の成人は、PPSV23の初回接種から5年後に2回目のPPSV23接種を行うことが推奨される。また過去5年間にPPSV23接種しておらず、前回接種時の年齢が65歳未満であった者は、65歳以降にPPSV23を追加接種する。免疫不全状態、機能的/解剖学的無脾症、CSF漏出、人工内耳を有しPPSV23を1回以上接種した経験のある成人(=19歳)は、前回のPPSV23接種から1年以上経過後にPCV13を1回接種する。PCV13接種後にPPSV23の追加接種が必要な場合、PPSV23はPCV13接種後8週以内に接種するべきではなく、前回のPPSV23接種から最低5年間隔をあけて接種する。

References

  • CDC. HIV surveillance report, 2010. Vol. 22. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports>. Accessed October 5, 2012.
  • Song R, Hall HI, Frey R. Uncertainties associated with incidence estimates of HIV/AIDS diagnoses adjusted for reporting delay and risk redistribution. Stat Med 2005;24:453-64.
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618-27.
  • US Census Bureau. Population estimates: current estimates data. July 1, 2010. Washington, DC: US Census Bureau; 2012. Available at <http://www.census.gov/popest/data/index.html>. Accessed October 5, 2012.
  • US Census Bureau. The Hispanic population: 2010. Washington, DC: US Census Bureau; 2011. Available at <http://www.census.gov/prod/ cen2010/briefs/c2010br-04.pdf>. Accessed October 5, 2012.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493-505.
  • Diaz T, Buehler JW, Castro KG, et al. AIDS trends among Hispanics in the United States. Am J Public Health 1993;83:504-9.
  • Painter TM. Connecting the dots: when the risks of HIV/STD infection appear high but the burden of infection is not known-the case of male Latino migrants in the southern United States. AIDS Behav 2008; 12:213-26.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap/nhas>. Accessed October 10, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ