一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)チクングニアのアウトブレイク-カンボジア、2012・・・

MMWR抄訳

rss

2012/09/21Vol. 61 / No. 37

MMWR61(37):737-740
Chikungunya Outbreak - Cambodia, February-March 2012

チクングニアのアウトブレイク-カンボジア、2012年2~3月

チクングニアウイルス(CHIKV)はヤブ蚊を介してヒトに感染するアルファウイルスであり、発熱および衰弱性関節痛を誘発し、稀に重症化する。2006年以降、東/中央/南アフリカ株がアジアに現れ、最初にインド亜大陸、次いでタイに認められ、2011年にはカンボジアにて散発的に症例が認められている。2012年3月7日、コンポンスプー郡Trapeang Roka(134世帯695人)の住民の間で発熱を伴う発疹が報告され、採取した6血液検体のうち4検体がポリメラーゼ連鎖反応(PCR)にてCHIKV陽性を示した。Cambodian Communicable Disease Control Department、National Malaria Center、Institute Pastuer de Combodge、地域の保健センターおよび村による共同調査が98世帯(73.1%)、425名(61.1%、平均:26.4歳、男女比:0.82)を対象に行われ、312名(73.4%)が2月14~15日の雨の後、関節痛、発熱(38℃以上)、発疹のうち少なくとも1つの症状があったと回答、33歳の女性が発熱と関節痛の後に神経症状を示し、入院から2時間で死亡していた。この女性の2人の子供も症状があり、CHIKV IgM陽性、デング(DENV)および日本脳炎ウイルス(JEV)血清反応は陰性であった。MAC-ELISA法により188名(44.2%)にてCHIKV IgM陽性が認められ、さらに発熱患者2名にてPCR法にてCHIKV陽性を認め、計190名がCHIKV陽性であった。発症は2日間の雨の後、約3~5週間に多く、IgM血清有病率は5歳以下にて40%、6~45歳では50%であった。また、11例にてDENV、7例にてJEV、15例にて鑑別不能のフラビウイルスが検出された、Trapeang Rokaにて3月29~30日に採取した蚊(n=123)および隣接する2つの村(報告例あり)を含む範囲から採取した蚊(n=651)の検査では、それぞれ41.4%、53%がネッタイシマカ、21.1%、13.8%がイエカ属、残りはハマダラカ属であった。感染地域、近隣地域およびその他の地域の公衆衛生局および政策担当者はCHIKVの拡散および再出現に対し十分に警戒すべきである。

References

  • Jupp PG, McIntosh BM. Chikungunya virus disease. In: Monath TP, ed. Arbovirus: epidemiology and ecology. Boca Raton, FL: CRC Press; 1988:137-57.
  • Duong V, Andries A-C, Ngan C, et al. First detection of Central/East African genotype of chikungunya virus in Cambodia. Emerg Infect Dis. In press.
  • Rossi CA, Ksiazek TG. Enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA). In: Lee HW, ed. Manual of hemorrhagic fever renal syndrome and hantavirus pulmonary syndrome. Seoul, Korea: WHO Collaborating Center for Virus Reference and Research (hantaviruses); 1998:87-91.
  • Buchy P, Vo VL, Bui KT, et al. Secondary dengue virus type 4 infections in Vietnam. Southeast Asian J Trop Med Public Health 2005;36:178-85.
  • Renault P, Solet JL, Sissoko D, et al. A major epidemic of chikungunya virus infection on Reunion Island, France, 2005-2006. Am J Trop Med Hyg 2007;77:727-31.
  • Gerardin P, Guernier V, Perrau J, et al. Estimating chikungunya prevalence in La Réunion Island outbreak by serosurveys: two methods for two critical times of the epidemic. BMC Infect Dis 2008;8:99.
  • Sissoko D, Ezzedine K, Moendandze A, Giry C, Renault P, Malvy D. Field evaluation of clinical features during chikungunya outbreak in Mayotte, 2005-2006. Trop Med Int Health;15:600-7.
  • Sergon K, Njuguna C, Kalani R, et al. Seroprevalence of chikungunya virus (CHIKV) infection on Lamu Island, Kenya, October 2004. Am J Trop Med Hyg 2008;78:333-7.
  • Watanaveeradej V, Endy TP, Simasathien S, et al. The study transplacental chikungunya virus antibody kinetics, Thailand. Emerg Infect Dis 2006; 12:1770-2.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ