一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)地域のネズミ管理プログラムの評価-ニューヨーク市、・・・

MMWR抄訳

rss

2012/09/21Vol. 61 / No. 37

MMWR61(37):733-736
Evaluation of a Neighborhood Rat-Management Program - New York City, December 2007-August 2009 

地域のネズミ管理プログラムの評価-ニューヨーク市、2007年12月~2009年8月

ドブネズミは都市部に広く生息するげっ歯類であり、ヒトに様々な病原菌をもたらし、ストレスを与え、建物を破壊し、経済的損失をもたらす。ニューヨーク市では住民の苦情によりそれぞれの建物で長年に渡り駆除が行われているが、ネズミの出没が後を絶たないことから、2007年、New York City Department of Health and Mental Hygieneによりブロンクス地区にて先行的探索プログラムが始められた。このプログラムは地区全体で2009年8月21日までに3回(第1回:2007年12月3日~2008年6月23日、第2回:2008年7月14日~12月30日、第3回:2009年1月20日~8月21日)行われ、調査員がネズミの活動サイン(ARS)6項目(新しく通った形跡、新しい糞、活動性の巣穴、活動性の通路および摩擦跡、新しい噛り跡、生きているネズミ)を0(形跡なし)から3までの4段階にて評価し、その合計スコアが3以上の場合、深刻な状態であるとして記録した。また、ネズミの餌となる生ゴミや巣となる廃棄物についても記録し、これらを清掃、撤去した。第1回の調査は計35,691の建物を対象に行われ、ARSは9.75%にて認められ、深刻な状態であると判断された建物は0.48%であった。評価の精度については今まで行われていた苦情に基づく査察を無作為に49ヵ所にて実施し、その一致性を分析した結果、苦情に基づく査察にて深刻な状態であると判断された14ヵ所のうち、12ヵ所はARSでも同様に判断されていた。第2回は第1回にてARSを認めた建物2,926件を含む29,996の建物を対象に行われ、ARSは1,748件(5.83%)認め、第3回には1,354件(4.51%)と54%減少し、深刻な状態であると判断された建物は第2回:0.27%、第3回:0.20%と58%減少した。このアプローチは市内の他の地区にも拡大して行われており、都市部におけるネズミの蔓延に対する効果が期待されている。

References

  • Battersby S, Hirschorn RB, Amman BR. Commensal rodents. In: Bonnefoy X, Kampen H, Sweeney K, eds. Public health significance of urban pests. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008: 387-419.
  • Meerburg B, Singleton G, Kijlstra A. Rodent-borne diseases and their risks for public health. Crit Rev Microbiol 2009;221-70.
  • Colvin BA, Jackson W. Urban rodent control programs for the 21st century. Canberra, Australia: Australian Centre for International Agricultural Research; 1999:243-57.
  • CDC. Diseases from rodents. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/ rodents>. Accessed September 17, 2012.
  • Corrigan R. A profile of the Norway rat,Rattus norvegicus. In: New York City: its impact on city operations and the need for collaborative interagency rat management programs. Timm RM, O’Brien JM, eds. Proceedings of the 22nd Vertebrate Pest Conference. Davis, California: University of California, Davis; 2006:131-41.
  • CDC. Integrated pest management: conducting urban rodent surveys. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.cdc.gov/nceh/ehs/docs/ipm_manual.pdf>. Accessed September 17, 2012.
  • Davis H, Casta A, Schatz G. Urban rat surveys. Atlanta, GA: US Department of Health, Education, and Welfare, CDC; 1974. Available at <http://stacks.cdc.gov/view/cdc/7663>. Accessed September 17, 2012.
  • Lambropoulos AS, Fine JB, Perbeck A, et al. Rodent control in urban areas-an interdisciplinary approach. Environ Health 1999:12-7.
  • Colvin BA, McCartney WG, Ashton AD, Jackson WB. Planning rodent control for Boston’s central artery/tunnel project. Davis LR, Marsh RE, eds. Proceedings of the 14th Vertebrate Pest Conference. Davis, California: University of California, Davis; 1990:65-9.
  • Drummond DC. Developing and monitoring urban rodent control programmes. Acta Zool Fennica 1985;173:145-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ