一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)トレーニング実習をかねた家庭内準備の評価-テネシー・・・

MMWR抄訳

rss

2012/09/14Vol. 61 / No. 36

MMWR61(36):720-722
Assessment of Household Preparedness Through Training Exercises - Two Metropolitan Counties, Tennessee, 2011

トレーニング実習をかねた家庭内準備の評価-テネシー州の大都会2郡、2011年

Tennessee Department of Health(TDH)は公衆衛生非常事態に対する職員と各家庭の準備を改善するため、Rapid Assessment of Populations Impacted by Disasters(RAPID)チームを組織した。2011年、RAPIDチームはCommunity Assessment for Public Health Emergency Response(CASPER)の2段階クラスタサンプリング法を使用し、テネシー州の大都会であるKnox CountyとDavidson Countyにおける災害や非常事態のための家庭内準備状況を評価した。Knox CountyとDavidson Countyにおける家庭内準備状況は、「十分準備している」がそれぞれ23%、31%、「いくらかは準備している」が43%、44%、「まったく準備していない」が25%、20%であった。個々の項目の準備率に関しては、電池式懐中電灯がそれぞれ78%、87%、電池式ラジオが60%、55%、3日分の食料が84%、82%、3日分の水が39%、54%、3日分の処方医薬品が74%、91%であった。災害あるいは非常事態発生時の主なコミュニケーション法は携帯電話(83%、90%)、主な情報源はテレビ(45%。46%)であった。RAPIDチームはこの調査経験に基づいて家庭の選択などに関する職員のフィールドトレーニング法を改善し、より良好なコミュニティ評価ツールキットを作成した。非災害設定でのCASPERを使用した非常事態に対するコミュニティの準備状況の評価とコミュニティのニーズの同定、職員のトレーニング強化、RAPIDのツールキット改善を同時に行うことによって、公衆衛生局の災害対応能力が高まる。公衆衛生局は、非常事態に対するコミュニティレベルと公衆衛生職員レベルでの準備を促進するために、コミュニティにおける準備状況のサーベイランスを行うとともに職員に対しフィールドトレーニングや実習の機会を与える必要がある。

References

  • CDC. Public health preparedness capabilities: national standards for state and local planning, March 2011. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/phpr/ capabilities/dslr_capabilities_july.pdf>. Accessed September 12, 2012.
  • Malilay J, Flanders WD, Brogan D. A modified cluster-sampling method for post-disaster rapid assessment of needs. Bull World Health Organ 1996;74:399-405.
  • CDC. Intent to receive influenza A (H1N1) 2009 monovalent and seasonal influenza vaccines-two counties, North Carolina, August 2009. MMWR 2009;58;1401-5.
  • US Census Bureau. State and county quickfacts. Washington, DC: US Census Bureau; 2012. Available at <http://quickfacts.census.gov/qfd/maps/ tennessee_map.html>, Accessed September 7, 2012.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System 2007 questionnaire. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/questionnaires/pdf-ques/2007brfss.pdf>. Accessed September 7, 2012.
  • US Census Bureau. State and county estimates for 2009. Washington, DC: US Census Bureau; 2010. Available at <http://www.census.gov/did/www/ saipe/data/statecounty/data/2009.html>. Accessed September 7, 2012.
  • CDC. Emergency preparedness and response: emergency preparedness and you. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://emergency.cdc.gov/preparedness>. Accessed September 7, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ