一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)公衆衛生非常事態に対する家庭内準備-14州、200・・・

MMWR抄訳

rss

2012/09/14Vol. 61 / No. 36

MMWR61(36):713-719
Household Preparedness for Public Health Emergencies - 14 States, 2006-2010 

公衆衛生非常事態に対する家庭内準備-14州、2006~2010年

災害や非常事態に対する家庭内準備(3日分の食料、水など)は住民の災難に耐える能力を改善し、様々な要求により緊急/医療サービスを混乱させる可能性のある住民の数を減少させることができる。自己申告された現在の家庭内準備レベル[3日分の保存食、3日分の水、3日分の処方医薬品、電池式ラジオ、電池式懐中電灯(予備の電池も含めて)、家族の避難計画書]を州別・社会人口統計学的特徴別に評価するため、CDCは14州におけるBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の2006~2010年のデータを分析した。全体の約94.8%は電池式懐中電灯、89.7%は3日分の処方医薬品、82.9%は3日分の食料、77.7%は電池式ラジオ、53.6%は3日分の水、21.1%は避難計画書を準備していた。3日分の医薬品と避難計画書の準備率には性差がみられなかったが、それ以外の4項目の準備率は男性が女性よりも有意に高かった。また一般に年齢が高くなるほど準備率は上昇した。人種/民族別に評価した場合、ラテンアメリカ人は他の人種/民族に比べて3日分の食料(75.0%)、3日分の医薬品(69.0%)、電池式ラジオ(67.1%)、電池式懐中電灯(84.4%)の準備率が有意に低かった。さらにスペイン語での調査を希望した回答者は英語で調査した回答者に比べて3日分の食料(それぞれ68.2%、83.2%)、3日分の医薬品(51.7%、90.6%)、電池式ラジオ(56.5%、78.1%)、電池式懐中電灯(74.7%、95.2%)の準備率が低かったが、3日分の水(64.5%、53.6%)、避難計画書(25.6%、20.6%)の準備率は高かった。州別の準備率は、3日分の食料が78.5%(ネバダ州)~88.1%(モンタナ州)、3日分の医薬品が80.7%(ネバダ州)~93.7%(ペンシルベニア州)、3日分の水が45.5%(ネブラスカ州)~67.1%(ルイジアナ州)、避難計画書が15.0%(ペンシルベニア州)~54.0%(ルイジアナ州)、電池式ラジオが72.3%(ネバダ州)~85.2%(ルイジアナ州)、電池式懐中電灯が93.4%(ニューヨーク州)~97.2%(ニューハンプシャー州)であった。災害や非常事態に対する家庭内準備(特に避難計画書の準備)の重要性を強調するために、今後さらなる取り組みが必要である。また特に英語が話せない住民やラテン系住民などに対する福祉活動を拡大するべきである。

References

  • Hick JL, Hanfling D, Burstein JL, et al. Health care facility and community strategies for patient care surge capacity. Ann Emerg Med 2004;44:253-61.
  • Paton D, Johnston DM. Disaster resilience: an integrated approach. Springfield, IL: Charles C. Thomas; 2006:105-6.
  • Ablah E, Konda K, Kelley CL. Factors predicting individual emergency preparedness: a multi-state analysis of the 2006 BRFSS data. Biosecur Bioterror 2009;7:317-30.
  • Murphy ST, Cody M, Frank LB, Glik D, Ang A. Predictors of emergency preparedness and compliance. Disaster Med Public Health Prep 2009;7:S1-8.
  • Federal Emergency Management Agency. Ready. Washington, DC: Federal Emergency Management Agency; 2012. Available at <http://www.ready. gov>. Accessed September 7, 2012.
  • Federal Emergency Management Agency. Citizen Corps. Washington, DC: Federal Emergency Management Agency; 2012. Available at <http:// citizencorps.gov>. Accessed September 7, 2012.
  • CDC. Public health preparedness capabilities: national standards for state and local planning. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/phpr/capabilities>. Accessed September 7, 2012.
  • CDC. Public Health Emergency Preparedness Program: budget period 1. Performance measures specifications and implementation guidance. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/phpr/documents/phep+bp1+pm +specifications+and+implementation+guidance_v1_1.pdf>. Accessed September 7, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ