一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)成人のコレステロールスクリーニングおよび高血中コレ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/09/07Vol. 61 / No. 35

MMWR61(35):697-702
Prevalence of Cholesterol Screening and High Blood Cholesterol Among Adults - United States, 2005, 2007, and 2009

成人のコレステロールスクリーニングおよび高血中コレステロール罹患率-アメリカ、2005、2007および2009年

血中コレステロール値はアテローム性動脈硬化および冠動脈心疾患(CHD)のリスク因子であり、スクリーニングおよび早期治療介入により下げることが可能である。Healthy People 2020ではNational Health Interview Survey および National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)による血中コレステロール値のスクリーニングおよびコントロールについて、全国的な進歩をモニターすることを掲げている。ここではBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)の2005、2007および2009年データより、過去5年間の血中コレステロールスクリーニング検査率と、高血中コレステロールの罹患率に関する分析結果を報告する。2005、2007および2009年におけるBRFSS回答率はそれぞれ51.5%、50.6%、52.5%であり、回答数は2005年:356,112、2009年:432,607であった。過去5年間のスクリーニング検査率はそれぞれ72.7%、74.7%、76.0%であり、医療関係者からコレステロール値が高いと言われたとの回答はそれぞれ33.2%、34.3%、35.0%から得た。2009年におけるスクリーニング検査率は、若年齢層(18~44歳)、ラテン系、低学歴者において低く、州別ではアイダホ州:67.7%~DC:84.5%であった。また、2009年における高血中コレステロールは、年齢別では65歳以上にて有意に多く(54.4%、18~44歳:23.7%、45~64歳:46.1%)、男女別では男性:37.5%、女性:32.6%と男性にて有意に多く認められた。人種/民族別では白人:34.8%、黒人:33.1%、ラテン系:36.3%、アジア/太平洋諸国:37.5%、アメリカインディアン/アラスカ原住民:34.0%、学歴別では高卒未満:39.9%、高卒:36.8%、大学中退:35.2%、大卒以上:33.2%であった。また、州別ではニューメキシコ州:30.5%~テキサス州:38.8%であり、2005年以降、約1/3の州にて有意に増加していた。以上、高コレステロール患者を減少させるため、とくに若年齢層、ラテン系および低学歴層に対してスクリーニング検査の重要性を強調していく必要性が示唆された。

References

  • Khot UN, Khot MB, Bajzer CT, et al. Prevalence of conventional risk factors in patients with coronary heart disease. JAMA 2003;290:898-904.
  • Achenbach S, Moselewski F, Ropers D, et al. Detection of calcified and noncalcified coronary atherosclerotic plaque by contrast-enhanced, submillimeter multidetector spiral computed tomography: a segment-based comparison with intravascular ultrasound. Circulation 2004;9:14-7.
  • Pignone MP, Phillips CJ, Lannon CM, et al. Screening for lipid disorders: systematic evidence reviews, no. 4. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2001. Available at <http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/nbk42635>. Accessed August 31, 2012.
  • Grundy SM, Cleeman JI, Merz C, et al. Implications of recent clinical trials for the National Cholesterol Education Program Adult Treatment Panel III Guidelines. Circulation 2004;110:227-39.
  • CDC. Trends in cholesterol screening and awareness of high blood cholesterol-United States, 1991-2003. MMWR 2005;54:865-70.
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. Healthy People 2010 Stat Notes 2001;(20):1-10.
  • Carroll MD, Kit BK, Lacher DA. Total and high-density lipoprotein cholesterol in adults: National Health and Nutrition Examination Survey, 2009-2010. NCHS data brief no 92. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/ db92.htm>. Accessed August 31, 2012.
  • CDC. CDC National Heart Disease and Stroke Prevention Program. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at< http://www.cdc.gov/dhdsp/programs/nhdsp_ program/goals.htm>. Accessed August 31, 2012.
  • National Heart, Lung, and Blood Institute. Your guide to lowering your cholesterol with TLC: therapeutic lifestyle changes. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Heart, Lung, and Blood Institute; 2005. <http://www.nhlbi.nih. gov/health/public/heart/chol/chol_tlc.pdf>. Accessed August 31, 2012.
  • CDC. Million Hearts: strategies to reduce the prevalence of leading cardiovascular disease risk factors-United States. MMWR 2011;60:1248-51.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ