一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)19~35ヵ月齢の小児の国、州および地方におけるワ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/09/07Vol. 61 / No. 35

MMWR61(35):689-696
National, State, and Local Area Vaccination Coverage Among Children Aged 19-35 Months - United States, 2011 

19~35ヵ月齢の小児の国、州および地方におけるワクチン接種率-アメリカ、2011年

National Immunization Survey (NIS)による2008年1月~2010年5月に出生した19~35ヵ月齢の小児を対象とした2011年のワクチン接種率の調査結果を報告する。調査は電話により行われ、有効回答は固定電話より17,309名、携帯電話より2,225名、計19,534名より得た。2010年から2011年にかけて、インフルエンザ菌b型ワクチン(Hib)(フル接種)、B型肝炎ワクチン(HepB)(出生時)、A型肝炎ワクチン(HepA)(=2回)、ロタウイルスワクチン接種率はそれぞれ66.8%から80.4%、64.1%から68.6%、49. %7から52.2%、59.2%から67.3%と増加し、MMR(麻疹、おたふく風邪、風疹)(=1回)、無細胞百日咳ワクチン(DTaP)(=4回)、HepB(=3回)、水痘(=1回)、ポリオ(=3回)の接種率は1990年代半ばより安定して高く、2011年の接種率はそれぞれ91.6%、84.6%、91.1%、90.8%、93.9%であった。2007年12月~2009年9月のHibワクチンの供給不足のため、2011年における7ワクチンシリーズ(4:3:1:3:3:1:4)のHibを除いた接種率は73.6%と2010年(72.7%)とほぼ同率であったが、Hibを含めた接種率は2010年:56.6%から2011年:68.5%と増加していた。貧困レベルによる接種率の相違はDTaP(=3回、=4回)、肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)(=4回)、ロタウイルスおよび7ワクチンシリーズにて認められたが、ポリオ、MMR、HepB(=3回)、水痘、PCV(=3回)およびHepA(=2回)の接種率は同等であった。州別ではHepB(出生時)、HepAおよびロタウイルスワクチン接種率に相違が認められ、HepB(出生時)はバーモント州:23.1%~インディアナ/ノースダコタ州:83.4%、HepA(=2回)はサウスダコタ州:29.3%~ネブラスカ州:69.2%、ロタウイルスはワイオミング州:52.2%~マサチューセッツ州:80.0%であった。また、Healthy People 2020の目標値は、MMR(=90%)については15州が達しておらず、DTaP(=4回)(=90%)は2州(ネブラスカ、ハワイ州)のみが達していた。

References

  • CDC. Vaccine-preventable diseases, immunizations, and MMWR- 1961-2011. MMWR 2011;60(Suppl 4):49-57.
  • CDC. Interim recommendations for the use of Haemophilus influenzae type b (Hib) conjugate vaccines related to the recall of certain lots of Hib-containing vaccines (PadvaxHIB and Comvax). MMWR 2007; 56:1318-20.
  • CDC. Updated recommendations for use of Haemophilus influenzae type b (Hib) vaccine: reinstatement of the booster dose at ages 12-15 months. MMWR 2009;58:673-4.
  • Yen C, Tate JE, Wenk JD, Harris M, Parashar UD. Diarrhea-associated hospitalizations among US children over 2 rotavirus seasons after vaccine introduction. Pediatrics 2011;127:e9-15.
  • Payne DC, Staat MA, Edwards KM, et al. Direct and indirect effects of rotavirus vaccination upon childhood hospitalizations in 3 US counties, 2006-2009. Clin Infect Dis 2011;53:245-53.
  • Tan TQ. Pediatric invasive pneumococcal disease in the United States in the era of pneumococcal conjugate vaccines. Clin Microbiol Rev 2012;25:409-18.
  • CDC. Vaccination coverage by race/ethnicity and poverty level among children aged 19-35 months-United States, 1996. MMWR 1997; 46:963-8.
  • CDC. Measles-United States, 2011. MMWR 2012;61:253-7.
  • Community Preventive Services Task Force. The guide to community preventive services. Atlanta, GA: Community Preventive Services Task Force; 2011. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/ universally/index.html>. Accessed July 25, 2012.
  • Patient Protection and Affordable Care Act. Pub. L. No. 111-48,124 Stat. 119 (2010).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ