一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)麻疹-アフリカの角、2010~2011年

MMWR抄訳

rss

2012/08/31Vol. 61 / No. 34

MMWR61(34):678-684
Measles - Horn of Africa, 2010-2011

麻疹-アフリカの角、2010~2011年

WHOのアフリカ地域と東地中海地域の加盟国は、それぞれ2020年、2015年までの麻疹根絶を目標としている。アフリカの角と呼ばれるエチオピア、ケニア(アフリカ地域)、ソマリア(東地中海地域)の3ヶ国は麻疹が風土病となっており、根絶目標達成への取り組みにもかかわらず周期的にアウトブレイクが発生する。この報告は、2010~2011年にアフリカの角で発生した麻疹アウトブレイクについて述べたものである。エチオピア、ケニア、ソマリアにおける麻疹ウイルス含有ワクチン(MCV)の推定初回接種率は、2010年がそれぞれ56%、86%、46%(アフリカ地域76%、東地中海地域85%)、2011年が57%、87%、46%であった。また麻疹患者の報告数はエチオピアが2010年6,202例、2011年3,554例(計9,756例)、ケニアがそれぞれ105例、2,461例(計2,566例)、ソマリア1,351例、14,784例(計16,135例)であった。2011年の麻疹患者のうち5歳未満の患者の割合はエチオピア31%、ケニア41%に対しソマリアでは78%と高く、ワクチン未接種率はエチオピア63%、ケニア52%であった。年間麻疹発症率(100万人あたり)はエチオピアで2010年の75例から2011年には42例に減少したが、ケニアでは2010年の3例から2011年には59例に増加し、ソマリアでは地域武力紛争によってアウトブレイクが拡大したため、2010年の145例から2011年には1,542例に増加した(2010年の麻疹発症率:アフリカ地域238例、東地中海地域17例)。またソマリアとの国境付近では約60万人の難民がエチオピアとケニアのキャンプに殺到したためキャンプ内で麻疹のアウトブレイクが発生し、エチオピアとケニアのキャンプにおける2011年の麻疹患者数はそれぞれ484例、1.487例、麻疹発症率は5,398/100万人、3,853/100万人であった。アウトブレイクへの対応として予防接種キャンペーンを実施したが、アウトブレイクは持続した。アフリカ地域と東地中海地域における麻疹根絶目標達成のためには、難民キャンプを含めたアフリカの角におけるMCVの高い2回接種率への到達とその維持が必要である。

References

  • CDC. Progress in global measles control, 2000-2010. MMWR 2012;61:73-8.
  • World Health Organization. Global eradication of measles: report by the Secretariat. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha63/a63_18-en. Pdf>. Accessed August 12, 2012.
  • World Health Organization. Measles vaccines: WHO position paper. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:349-60.
  • The Sphere Project. Humanitarian charter and minimum standards in humanitarian response. 3rd ed. Geneva, Switzerland: Sphere Project; 2011. Available at <http://www.sphereproject.org/handbook>. Accessed August 12, 2012.
  • World Health Organization. WHO-UNICEF estimates of MCV coverage. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://apps.who.int/immunization_monitoring/en/globalsummary/ timeseries/tswucoveragemcv.htm>. Accessed August 1, 2012.
  • United Nations High Commissioner for Refugees. Standards and indicators report. Geneva, Switzerland: United Nations High Commissioner for Refugees; 2012. Available at <http://www.unhcr.org/ pages/4a0183436.html>. Accessed August 24, 2012.
  • World Health Organization. Measles reported cases. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://apps.who.int/ immunization_monitoring/en/globalsummary/timeseries/tsincidencemea. Htm>. Accessed August 1, 2012.
  • World Health Organization. WHO-recommended standards for surveillance of selected vaccine-preventable diseases. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2003. Available at <http://www.who.int/ vaccines-documents/docspdf06/843.pdf>. Accessed August 24, 2012.
  • Mirza I, Kamadjeu R, Assegid K, Mulugeta A. Somalia: supporting the child survival agenda when routine health  service is broken. J Infect Dis 2012;205(Suppl 1):S126-33.
  • World Health Organization. Response to measles outbreaks in measles mortality reduction settings. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://whqlibdoc.who.int/hq/2009/ who_ivb_09.03_eng.pdf>. Accessed August 24, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ