一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)13~17歳の青少年における全国および州別のワクチ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/31Vol. 61 / No. 34

MMWR61(34):671-677
National and State Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13-17 Years - United States, 2011

13~17歳の青少年における全国および州別のワクチン接種率-アメリカ、2011年

2005年以降、Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は青少年の定期予防接種スケジュールに11歳~12歳時の結合型髄膜炎菌ワクチン(MenACWY)の2回接種、破傷風/ジフテリア/無細胞性百日咳ワクチン(Tdap)の1回接種、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの3回接種、インフルエンザワクチンの年1回接種を追加した。13~17歳の青少年における予防接種率を評価するため、CDCはNational Immunization Survey-Teen(NIS-Teen)のデータを分析した。2010年から2011年にかけて10歳以上でのTdap≧1回接種率(2010年:68.7%、2011年:78.2%)、MenACWY≧1回接種率(それぞれ62.7%、70.5%)、女性におけるHPVワクチンの≧1回接種率(48.7%、53.0%)、≧3回接種率(32.0%、34.8%)は上昇した。しかし女性におけるHPVワクチン≧1回接種率の上昇(4.3ポイント)は、TdapやMenACWY≧1回接種率の上昇(7.8~9.5ポイント)の約半分であった。HPVワクチンの接種率は人種/民族と貧困レベルによって異なり、男女とも≧1回接種率は黒人とラテンアメリカ系が白人よりも有意に高く、貧困レベル未満群が貧困レベル以上群よりも有意に高かった。しかし女性において、1回接種後の接種完了率は黒人が白人よりも有意に低く、貧困レベル未満群が貧困レベル以上群よりも有意に低かった。Healthy People 2020では13~15歳の青少年におけるTdap≧1回接種率、MenACWY≧1回接種率、女性におけるHPVワクチン≧3回接種率の目標を80.0%としているが、2011年の接種率はそれぞれ80.5%、71.5%、30.0%であった。州別ワクチン接種率は、Tdap≧1回接種率が36.9%(ミシシッピ州)~95.0%(ニューハンプシャー州)、MenACWY≧1回接種率が27.6%(アーカンソー州)~92.1%(インディアナ州)、女性におけるHPVワクチンの≧1回接種率が31.9%(ミシシッピ州)~76.1%(ロードアイランド州)、≧3回接種率が15.5%(アーカンソー州)~56.8%(ロードアイランド州)と様々であった。HPV関連癌から青少年を守るためには、医療従事者による強力な接種勧告、未接種者/リコールシステムの実施、青少年の親に対するHPV感染症のリスクとワクチン接種の有益性に関する教育などが必要である。

References

  • CDC. Recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years-United States, 2012. MMWR 2012;61(5).
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13 through 17 years-United States, 2010. MMWR 2011;60:1117-23.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2012. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/ objectiveslist.aspx?topicId=23>. Accessed August 23, 2012.
  • Kessels SJ, Marshall HS, Watson M, Braunack-Mayer AJ, Reuzel R, Tooher RL. Factors associated with HPV vaccine uptake in teenage girls: a systematic review. Vaccine 2012;30:3546-56.
  • Kester LM, Zimet GD, Fortenberry JD, Kahn JA, Shew ML. A national study of HPV vaccination of adolescent girls: rates, predictors, and reasons for non-vaccination. Matern Child Health J 2012; June 23 [Epub ahead of print].
  • Vedaparampil, ST, Kahn JA, Salmon D, et al. Missed clinical opportunities: provider recommendations for HPV vaccination for 11-12 year old females are limited. Vaccine 2011;3:8634-41.
  • Hughes CC, Jones AL, Feemster KA, Fiks AG. HPV vaccine decision making in pediatric primary care: a semi-structured interview study. BMC Pediatr 2011;11:74-82.
  • Watson M, Saraiya M, Benard V, et al. Burden of cervical cancer in the United States, 1998-2003. Cancer 2008;113(10 Suppl):2855-64.
  • Immunization Action Coalition. State mandates on immunization and vaccine-preventable diseases. St. Paul, MN: Immunization Action Coalition; 2011. Available at <http://www.immunize.org/laws>. Accessed August 23, 2012.
  • Task Force on Community Preventive Services. Vaccinations to prevent diseases: universally recommended vaccinations. Atlanta, GA: Task Force on Community Preventive Services; 2011. Available at <http:/www. thecommunityguide.org/vaccines/universally/index.html>. Accessed August 23, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ