一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)13歳未満の小児における電池関連損傷-アメリカ、1・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/31Vol. 61 / No. 34

MMWR61(34):661-666
Injuries from Batteries Among Children Aged <13 Years - United States, 1995-2010 

13歳未満の小児における電池関連損傷-アメリカ、1995~2010年

小児において、ボタン電池、特に直径≧20mm(コインサイズ)の電池は誤飲後食道に留まり重篤な合併症や死亡をもたらす可能性がある。U.S. Consumer Product Safety Commission(CPSC)のスタッフは、13歳未満の小児における非致死性電池関連損傷の発生数を推定するためNational Electronic Injury Surveillance System(NEISS)の1997~2010年のデータを分析し、致死性電池関連損傷患者を同定するため他のCPSCデータベース[Injury and Potential Injury Incident File、Death Certificate Database(DTHS)、In-Depth Investigation File(INDP)]の1995~2010年のデータを分析した。1997~2010年には、推定で13歳未満の小児40,400例が電池関連損傷のため病院の救急診療部(ED)で治療を受けた。電池関連損傷の年間発生数は1998年の1,900例から2010年には4,800例と2.5倍増加した。全体の約72%は4歳以下であり、入院率は約10%であった。全体の69%で電池のタイプが明らかになり、58%はボタン電池、11%は円筒形電池であった。1995~2010年には14例(生後7ヶ月~3歳)が電池関連損傷により死亡し、このうち12例はボタン電池が原因であった。致死例のうち4例は誤診により治療開始が遅れていた。電池関連損傷後の臨床転帰を改善するため、医療従事者はボタン電池の誤飲による損傷を意識するべきである。また近年のボタン電池の使用頻度増加を考慮し、公衆衛生職員や医療従事者は親に対するカウンセリング実施時にボタン電池の危険性を警告する必要がある。

References

  • Temple DM, McNeese MC. Hazards of battery ingestion. Pediatrics 1983;71:100-3.
  • Litovitz T, Schmitz BF. Ingestion of cylindrical and button batteries: an analysis of 2,382 cases. Pediatrics 1992;89:747-57.
  • Brumbaugh DE, Colson SB, Sandoval JA, et al. Management of button battery-induced hemorrhage in children. J Pediatr Gastroenterol Nutr 2011;52:585-9.
  • Hamilton JM, Schraff SA, Notrica DM. Severe injuries from coin cell battery ingestions: 2 case reports. J Pediatr Surg 2009;44:644-7.
  • Slamon NB, Hertzog JH, Penfil SH, Raphaely RC, Pizarro C, Derby CD. An unusual case of button battery-induced traumatic tracheoesophageal fistula. Pediatr Emerg Care 2008;24:313-6.
  • Schroeder T, Ault K. The NEISS sample (design and implementation), 1997 to present. Bethesda, MD: US Consumer Product Safety Commission; 2001. Available at <http://www.cpsc.gov/neiss/2001d011-6b6.pdf>. Accessed August 23, 2012.
  • Litovitz T, Whitaker N, Clark L, White NC, Marsolek M. Emerging battery-ingestion hazard: clinical implications. Pediatrics 2010;125: 1168-77.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ