一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)幼稚園児におけるワクチン接種率-アメリカ、2011・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/24Vol. 61 / No. 33

MMWR61(33):647-652
Vaccination Coverage Among Children in Kindergarten - United States, 2011-12 School Year 

幼稚園児におけるワクチン接種率-アメリカ、2011-2012学年度

2011年、CDCに報告された麻疹の患者数は222例と1996年以降で最も多く、これらの多くが予防接種を受けていなかったことから、予防接種率を地域レベルで監視することの重要性が強調された。CDCは幼稚園児を対象として2011-2012学年度のワイオミング州を除く49州、DC、ヒューストンおよび5管轄地域(グアム、北マラリア諸島、パラオ、プエルトリコ、USバージン諸島)、計56地域におけるMMR(麻疹、おたふく、風疹)、DTaP(ジフテリア、破傷風、百日咳)、ポリオ、HepB(B型肝炎)および水痘ワクチンの接種率の調査を行った。幼稚園児は州および地域の入学条件として、すべての地域においてMMRワクチンは2回、ポリオワクチンは3または4回の接種、その他のワクチンは地域により異なるが52地域にてDTaPを4または5回、50地域にてHepBワクチンを3回、水痘ワクチンは13地域にて1回、37地域にて2回の接種が要求されている。ニューハンプシャー、ニュージャージー州を除く47州およびDCにおけるMMR接種率は94.8%(コロラド州:86.8~テキサス州:99.3%)、4管轄地域では<90%、DTaPおよびHepBワクチン接種率はHealthy People 2020目標値である95%を上回ったが、水痘ワクチン2回接種率は33地域にて93.2%(コロラド州:84.0%~ミシシッピ/テキサス州:99.2%)であった。医学的、宗教的、哲学的な接種免除率は1.5%(ミシシッピ州:1%未満~アラスカ州:7.0%)であり、推定合計4,124,815名の児童が免除対象となっていた。ワクチン接種により予防可能な疾患は、接種率が高くてもアウトブレイクは発生することがある。ワクチン接種率と接種免除率の監視を続け、目標値に達するに必要な介入を積極的に行うべきと考える。

References

  • CDC. Measles-United States, 2011. MMWR 2012;61:253-7.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020: immunization and infectious diseases. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. Available at <http://www. healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/overview.aspx?topicId=23>. Accessed August 14, 2012.
  • Rota JS, Salmon DA, Rodewald LE, Chen RT, Hibbs BF, Gangarosa EJ. Processes for obtaining nonmedical exemptions to state immunization laws. Am J Public Health 2001;91:645-8.
  • Gay N. The theory of measles elimination: implications for the design of elimination strategies. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S27-35.
  • Sugerman D, Barskey AE, Delea MG, et al. Measles outbreak in a highly vaccinated population, San Diego, 2008: role of the intentionally undervaccinated. Pediatrics 2010;125:747-55.
  • Omer SB, Enger KS, Moulton LH, Halsey NA, Stokley S, Salmon DA. Geographic clustering of nonmedical exemptions to school immunization requirements and associations with geographic clustering of pertussis. Am J Epidemiol 2008;168:1389-96.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19-35 months-United States, 2009. MMWR 2010;59:1171-7.
  • Salmon DA, Moulton LH, Omer SB, DeHart MP, Stokley S, Halsey NA. Factors associated with refusal of childhood vaccines among parents of school-aged children. Arch Pediatr Adolesc Med 2005;159:470-6.
  • CDC. Guide to community preventive services: vaccinations to prevent diseases-universally recommended vaccinations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/universally/index.html>. Accessed August 14, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ