一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)インドのアーユルヴェーダ薬を使用した妊娠女性におけ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/24Vol. 61 / No. 33

MMWR61(33):641-646
Lead Poisoning in Pregnant Women Who Used Ayurvedic Medications from India - New York City, 2011-2012  

インドのアーユルヴェーダ薬を使用した妊娠女性における鉛中毒-ニューヨーク市、2011~2012年

鉛への曝露は脳、腎臓、神経および生殖器系への損傷を来し、胎児の場合は神経の発達、成長の抑制、さらに早産や流産のリスクが増大する。2011~2012年、New York City Department of Health and Mental Hygiene (DOHMH)はインドで製造された10種類の経口アーユルヴェーダ薬による6例の鉛中毒患者について調査を行った。今回の患者は全例、国外出身の妊婦であり、以下に詳細を示す。症例1)30歳、インド出身、妊娠27週にて血中鉛濃度(BLL):64μg/dL。Pregnita(鉛含有量:1.2%)を1日1~2カプセル、4ヵ月間摂取(合計約1.1-2.2g)、3ヵ月の入院治療後(出産から2週間後)、BLLは20μg/dLへ低下、新生児のBLLは出生3日目にて23μg/dLであった。症例2)36歳、コロンビア出身、妊娠5週にてBLL:16μg/dL。Vatvidhwansan Ras(鉛含有量:2%)とKankayan Bati(同:12ppm)を妊娠前1~2ヵ月から妊娠後1ヵ月間、各1錠を摂取していた。摂取中止後、BLLは10μg/dLに低下、出産の3ヶ月前には1μg/dLとなり、新生児のBLLは測定していない。症例3)24歳、インド出身、妊娠15週にてBLL:49μg/dL。Garbhapal Ras(鉛含有量:2.2%)を妊娠第9週から約6週間摂取していたが、中止後26μg/dLへ低下、新生児BLLは出生時7μg/dLであった。症例4)35歳、インド出身、妊娠8週にてBLL:42μg/dL。Ovarin(鉛含有量:1.2%)を妊娠前2ヵ月間摂取(合計約360~720mg)、妊娠11週にて流産となった。症例5)33歳、インド出身、妊娠10週にてBLL:52μg/dL 。複数のアーユルヴェーダ薬(Ovarin、Garbha Dharak Yog、Laxmana Louh、Garbha Chintamani Ras、Pigmento)を妊娠前4ヵ月間摂取(合計約1.4~2.9g)、妊娠12週にて流産となった。症例6)35歳、インド出身、妊娠22週にてBLL:24μg/dL。妊娠前よりGarbhapal Rasなど6種類の薬により1日2~7mg、5ヵ月間で300~1,000mgの鉛を摂取、中止後5週間で11μg/dLに低下し、妊娠継続中である。DOHMHは外国人の妊婦に対して、外国産の健康食品、サプリメント、治療薬の摂取状況を確認しており、また、ニューヨーク州法は妊娠の初回受診時に鉛曝露のリスクを検査することを定めている。CDCはこれらを全国的に拡大し、鉛曝露に対する適切な介入を行う必要性を検討している。

References

  • CDC. Guidelines for the identification and management of lead exposure in pregnant and lactating women. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/nceh/ lead/publications/leadandpregnancy2010.pdf>. Accessed August 20, 2012.
  • CDC. Lead poisoning associated with Ayurvedic medications-five states, 2000-2003. MMWR 2004;53:582-4.
  • Ernst E. Toxic heavy metals and undeclared drugs in Asian herbal medicines. Trends Pharmacol Sci 2002;23:136-9.
  • Baer RD, Ackerman A. Toxic Mexican folk remedies for the treatment of empacho: the case of azarcon, greta, and albayalde. J Ethnopharmacol 1988;24:31-9.
  • Al Khayat A, Menon NS, Alidini MR. Acute lead encephalopathy in early infancy-clinical presentation and outcome. Ann Trop Paediatr 1997;17:39-44.
  • Saper RB, Kales SN, Paquin J, et al. Heavy metal content of Ayurvedic herbal medicine products. JAMA 2004;292:2868-73.
  • World Health Organization. WHO traditional medicine strategy 2002-2005. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2002. Available at <http://apps.who.int/medicinedocs/pdf/s2297e/s2297e.pdf>. Accessed August 20, 2012.
  • Barnes PM, Bloom B, Nahin RL. Complementary and alternative medicine use among adults and children: United States 2007. Natl Health Stat Report 2008(12)
  • Saper RB, Phillips RS, Sehgal A, et al. Lead, mercury, and arsenic in US-and Indian-manufactured Ayurvedic medicines sold via the Internet. JAMA 2008;300:915-23.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ