一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)バイタルサイン:成人のウォーキング-アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/10Vol. 61 / No. 31

MMWR61(31):595-601
Vital Signs: Walking Among Adults - United States, 2005 and 2010

バイタルサイン:成人のウォーキング-アメリカ、2005および2010年

2008年のPhysical Activity Guidelines for Americansでは週に150分以上、早歩きなど中程度の有酸素運動や、75分以上のジョギングなどの激しい有酸素運動を行うことを推奨しており、アメリカの成人における運動はウォーキングが最も多く行われている。今回、CDCは2005年および2010年のNational Health Interview Survey (NHIS)データより、ウォーキングの変化について分析を行った。分析対象は2005年:26,328、2010年:23,129名であり、回答率はそれぞれ69.0%、60.8%であった。ウォーキングは調査前7日間における10分以上の移動手段としての徒歩またはレジャー時の歩行とした。2005および2010年、成人におけるウォーキングの実施率は55.7%から62.0%へ6.3%増加したが(男性:54.3%から61.7%、女性:57.2%から62.4%)、平均歩行時間は2005年:15分/日(105.5分/週)から2010年:13分/日(90.8分/週)と減少していた。また、ガイドラインの達成率は2005年:42.1%、2010年:48.0%と増加し、2010年はウォーキングをする人の59.5%がガイドラインの基準を満たしたが、ウォーキングをしない人では29.5%であり、ウォーキングをする人のガイドライン到達率が有意に高値であった(オッズ比=2.95、男性:2.64、女性:3.46)。以上、ウォーキングの推進によりガイドラインの到達率が上がり、健康の促進につながることが示唆された。

References

  • Physical Activity Guidelines Advisory Committee. Physical activity guidelines advisory committee report, 2008. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2008. Available at <http:// www.health.gov/paguidelines/report>. Accessed June 15, 2012.
  • Ballard-Barbash R, Friedenreich CM, Courneya KS, Siddiqi SM, McTiernan A, Alfano CM. Physical activity, biomarkers, and disease outcomes in cancer survivors: a systematic review. J Natl Cancer Inst 2012;104:815-40.
  • US Department of Health and Human Services. 2008 physical activity guidelines for Americans. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2008. Available at <http://www.health.gov/ paguidelines/guidelines/default.aspx>. Accessed June 15, 2012.
  • Schiller JD, Jucas JW, Ward BW, Peregoy JA. Summary health statistics for U.S. adults: National Health Interview Survey, 2010. Vital Health Stat 2012;10(252).
  • Kruger J, Ham SA, Berrigan D, Ballard-Barbash R. Prevalence of transportation and leisure walking among U.S. adults. Prev Med 2008;47:329-34.
  • Simpson ME, Serdula M, Galuska DA, et al. Walking trends among U.S. adults: the Behavioral Risk Factor Surveillance System, 1987-2000. Am J Prev Med 2003;25:95-100.
  • Lee IM, Buchner DM. The importance of walking to public health. Med Sci Sports Exerc 2008;40(7 Suppl):S512-8.
  • Pucher J, Buehler R, Merom D, Bauman A. Walking and cycling in the United States, 2001-2009: evidence from the National Household Travel Surveys. Am J Public Health 2011;101(Suppl 1):S310-7.
  • National Prevention Council. National prevention strategy. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthcare.gov/prevention/nphpphc/strategy/index.html>. Accessed June 15, 2012.
  • Pate RR. A national physical activity plan for the United States. J Phys Act Health 2009;6(Suppl 2):S157-8.
  • Institute of Medicine. Accelerating progress in obesity prevention: solving the weight of the nation. Washington, DC: The National Academies Press; 2012. Available at <http://www.iom.edu/reports/2012/accelerating-progress-in-obesity-prevention.aspx>. Accessed June 15, 2012.
  • Kahn EB, Ramsey LT, Brownson RC, et al. The effectiveness of interventions to increase physical activity. A systematic review. Am J Prev Med 2002;22(Suppl 4):73-107.
  • Heath GW, Brownson RC, Kruger J, et al. The effectiveness of urban design and land use and transport policies and practices to increase physical activity: a systematic review. J Phys Act Health 2006;3(Suppl 1):S55-76.
  • Troiano RP, Berrigan D, Dodd KW, et al. Physical activity in the United States measured by accelerometer. Med Sci Sports Exerc 2008;40:181-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ