一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)CDCの性行為感染症治療ガイドライン2010の最新・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/10Vol. 61 / No. 31

MMWR61(31):590-594
Update to CDC’s Sexually Transmitted Diseases Treatment Guidelines, 2010:Oral Cephalosporins No Longer a Recommended Treatment for Gonococcal Infections

CDCの性行為感染症治療ガイドライン2010の最新情報:経口セファロスポリンはもはや淋菌感染症治療には推奨されない

淋病は女性では重篤な生殖系合併症の主な原因であり、HIV感染を促進する。アメリカでは2011年、30万例以上報告され、届出伝染病の第2位に位置している。淋病の治療はNeisseria gonorrhoeaeの抗生物質耐性獲得により複雑化している。この報告はCDCのGonococcal Isolate Surveillance Project (GISP)の2006~2011年データより、この間にアメリカで収集された尿道N.gonorrhoeae分離菌におけるセフィキシム感受性低下のエビデンス、およびCDCによる最新の淋病治療ガイドラインを示す。1990年代および2000年代、N.gonorrhoeaeのフルオロキノロン系薬剤耐性が出現し、2007年にはCDCが治療薬として推奨しないと発表し、淋病治療薬はセファロスポリンのみとなり、2010年のCDC性行為感染症治療ガイドラインではセファロスポリン(セフトリアキソン250mg筋注またはセフィキシム400mg経口)+アジスロマイシン経口またはドキシサイクリン経口併用投与が推奨されている。セフィキシムに対する最小発育阻止濃度(MIC)が0.25μg/mL以上を示す分離菌は2006年:0.1%から2011年1~8月:1.5%に増加し、地域別では西部にて0.2%から3.2%と大きく、とくにホノルル(0%から17.0%)、ミネアポリス(0%から6.9%)、ポートランド(0%から6.5%)、サンディエゴ(0%から6.4%)にて顕著に増加した。また、男性同性愛者(MSM)にて0.2%から3.8%と増加していた。これに対しセフトリアキソンに対するMICが0.125μg/mLを示す分離菌は2006年:0%、2011年:0.4%とわずかなものであった。また、テトラサイクリン耐性(MIC 2.0μg/mL以上)は2006年:20.6%、2011年:21.6%、アジスロマイシン感受性低下(MIC 2.0μg/mL以上)は2006年:0.2%、2011年:0.3%であり、セフィキシムに対するMICが上昇した180の分離菌検体において、テトラサイクリン耐性は139検体(77.2%)が示したが、アジスロマイシン感受性低下はわずか1検体(0.6%)であった。さらにアジスロマイシンの投与が簡便であり(1g経口単回投与、ドキシサイクリンは100mgを1日2回7日間経口投与)、コンプライアンスに優れるため、併用される第2の抗生物質として好ましい。現時点における淋菌感染症治療は、セフトリアキソン250mg単回筋注+アジスロマイシン1g単回経口またはドキシサイクリン100mg1日2回7日間経口投与が推奨され、セフトリアキソンが投与できない場合はセフィキシム400mgを単回経口投与する。その場合、1週間後に培養または核酸増幅検査(NAAT)による治癒確認(test-of-cure)を行うべきとされている。また、発症例と60日以内に性行為を行ったパートナーは検査および治療を受けることが望ましい。

References

  • Fleming D, Wasserheit J. From epidemiological synergy to public health policy and practice: the contribution of other sexually transmitted diseases to sexual transmission of HIV infection. Sex Transm Infect 1999; 75:3-17.
  • CDC. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-12).
  • CDC. Update to CDC’s sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2006: fluoroquinolones no longer recommended for treatment of gonococcal infections. MMWR 2007;56:332-6.
  • CDC. Cephalosporin susceptibility among Neisseria gonorrhoeae isolates-United States, 2000-2010. MMWR 2011;60:873-7.
  • Unemo M, Golparian D, Syversen G, Vestrheim DF, Moi H. Two cases of verified clinical failures using internationally recommended first-line cefixime for gonorrhea treatment, Norway, 2010. Euro Surveill 2010;15(47):pii:19721.
  • Ison C, Hussey J, Sankar K, Evans J, Alexander S. Gonorrhea treatment failures to cefixime and azithromycin in England, 2010. Euro Surveill 2011;16(14):pii:19833.
  • Unemo M, Golparian D, Stary A, Eigentler A. First Neisseria gonorrhoeae strain with resistance to cefixime causing gonorrhea treatment failure in Austria, 2011. Euro Surveill 2011;16(43):pi:19998.
  • Unemo M, Golparian D, Nicholas R, Ohnishi M, Gallay A, Sednaoui P. High-level cefixime- and ceftriaxone-resistant Neisseria gonorrhoeae in France: novel penA mosaic allele in a successful international clone causes treatment failure. Antimicrob Agents Chemother 2012;56:1273-80.
  • National Committee for Clinical Laboratory Standards. Approved Standard M100-S20 performance standards for antimicrobial susceptibility testing; twentieth informational supplement. Wayne, PA: Clinical and Laboratory Standards Institute; 2010.
  • Moran JS, Levine WC. Drugs of choice for the treatment of uncomplicated gonococcal infections. Clin Infect Dis 1995; 20(Suppl 1):S47-65.
  • Handsfield HH, McCormack WM, Hook EW 3rd, et al. A comparison of single-dose cefixime with ceftriaxone as treatment for uncomplicated gonorrhea. The Gonorrhea Treatment Study Group. New Engl J Med 1991;325:1337-41.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ