一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)中・高校生における現在の喫煙状況-アメリカ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/10Vol. 61 / No. 31

MMWR61(31):581-585
Current Tobacco Use Among Middle and High School Students - United States, 2011  

中・高校生における現在の喫煙状況-アメリカ、2011年

CDCによる2011 National Youth Tobacco Survey (NYTS)データの分析結果を報告する。NYTSは国内50州およびDCにおける6~12年生を対象としており、2011年は抽出された214校のうち178校(83.2%)、18,866名(87.4%)が参加し、過去30日以内の紙巻タバコ、葉巻(プレミアムシガー、シガリロ、リトルシガー)、無煙タバコ、キセル、ビディス(葉に包まれた小さな茶色いタバコ)、クレテック(丁子タバコ)の使用について調査した。その結果、2011年における中学生の現喫煙率は7.1%、高校生では23.2%であり、中・高校生ともに紙巻タバコが最も多く(それぞれ4.3%、15.8%)、次いで葉巻(3.5%、11.6%)、無煙タバコ(2.2%、7.3%)、キセル(2.2%、4.0%)、ビディス(1.7%、2.0%)、クレテック(1.1%、1.7%)と続いた。2009~2011年では、喫煙率は中・高校生ともに低下(2009年:8.2%、23.9%)、中学生では種類別使用率に有意な変動は認めなかったが、高校生では女子生徒におけるビディス(2.1%から1.0%)およびクレテック使用率(1.9%から0.8%)、非ラテン系白人生徒におけるクレテック使用率(2.4%から1.4%)、ラテン系生徒の現喫煙率(19.2%から15.8%)が有意に低下したが、非ラテン系黒人生徒における現喫煙率は増加した(7.1%から11.7%)。また、2000~2011年では、中学生における喫煙率 (14.9%から7.1%)、可燃性タバコ使用率(14.0%から6.3%)、紙巻タバコ使用率(10.7%から4.3%)が同様に直線的に有意に低下し、高校生では喫煙率(34.4%から23.2%)、可燃性タバコ使用率(33.1%から21.0%)、紙巻タバコ使用率(27.9%から15.8%)の低下傾向が認められた。若者の喫煙の予防および喫煙率の低下にはメディアキャンペーン、広告制限などのプロモーションのほかに、価格の値上げ、購入制限などの介入が行われており、今後もこれらの介入を推進し、若者に対する販売、流通、市場の制限に関するFDAによる規制との調整を行うべきと考える。

References

  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008; 57:1226-8.
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/ tobacco/data_statistics/sgr/2012/index.htm>. Accessed August 1, 2012.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/ best_practices/index.htm>. Accessed August 1, 2012.
  • CDC. CDC grand rounds: current opportunities in tobacco control. MMWR 2010;59:487-92.
  • CDC. Consumption of cigarettes and combustible tobacco-United States, 2000-2011. MMWR 2012;61:565-9.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2008: The MPOWER package. Geneva, Switzerland: World Health Organization, 2008; Available at <http://www.who.int/tobacco/ mpower/mpower_report_full_2008.pdf>. Accessed August 1, 2012.
  • Dube SR, Arrazola R, Lee J, Engstrom M, Malarcher A. Pro-tobacco influences and susceptibility to smoking cigarettes among middle and high school students - United States, 2011. J Adolesc Health 2012;51. In press.
  • CDC. State tobacco settlement and tax revenues and tobacco control funding appropriations after the Master Settlement Agreement-United States, 1998-2010. MMWR 2012;61:370-4.
  • CDC. Cigarette use among high school students-United States, 1991-2009. MMWR 2010;59:797-801.
  • Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act. Public Law 111-31; June 22, 2009. Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/ PLAW-111publ31/content-detail.html>. Accessed August 1, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ