一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)ナイジェリア産のアイメイク用化粧品、tiroの使用・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/03Vol. 61 / No. 30

MMWR61(30):574-576
Infant Lead Poisoning Associated with Use of Tiro, an Eye Cosmetic from Nigeria - Boston, Massachusetts, 2011

ナイジェリア産のアイメイク用化粧品、tiroの使用に関連した乳児の鉛中毒-マサチューセッツ州ボストン、2011年

鉛は非常に毒性が高く、高濃度の鉛は痙攣や昏睡、死亡の原因となる。アメリカの年少小児における鉛中毒の最も一般的な原因は鉛含有塗料であるが、特に移民コミュニティの鉛中毒患者において塗料以外の鉛曝露源が同定される機会が増えている。2011年6月、ナイジェリア系の生後6ヶ月の男児が血中鉛濃度上昇[13μg/dL(CDCの基準値5μg/dL)]のためBoston Children’s HospitalのPediatric Environmental Health Specialty Unit(PEHSU)に紹介された。この乳児の鉛曝露源を検討した結果、ナイジェリア産のアイメイク用化粧品であり視力を良くする民間薬としても使用されているtiroが鉛曝露源として同定された。この乳児は生後2週目から週3~4回、まぶたにtiroを塗布されており、tiroの鉛含有率は82.6%であった。まぶたへのtiro塗布中止から3ヶ月後、乳児の血中鉛濃度は8μg/dLに低下した。tiroに似た製品(アジアで使用されるsurma、kajal、中東で使用されるコール)も鉛を含んでいる可能性があるため、アフリカ、アジア、中東からの移民に対してこれら製品が小児の鉛中毒を引き越す可能性があるという情報を提供する教育の取り組みが必要である。また医療従事者と保健所職員は、一部の移民集団の小児における鉛曝露源を検索する際、アイメイク用化粧品や民間薬について尋ねるべきである。

References

  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxicological profile for lead. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2007. Available at <http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp13.pdf>. Accessed July 26, 2012.
  • Gorospe EC, Gerstenberger SL. Atypical sources of childhood lead poisoning in the United States: a systematic review from 1966-2006. Clin Toxicol (Phila) 2008;46:728-3.
  • CDC. Childhood lead poisoning associated with tamarind candy and folk remedies-California, 1999-2000. MMWR 2002;51:684-6.
  • Warley MA, Blackledge P, O’Gorman P. Lead poisoning from eye cosmetic. Brit Med J 1968;1:117.
  • Healy MA, Aslam M, Bamgboye OA. Traditional medicine and lead-containing preparations in Nigeria. Public Health 1984;98:26-32.
  • CDC. Notes from the field: Outbreak of acute lead poisoning among children aged <5 years-Zamfara, Nigeria, 2010. MMWR 2010;59:846.
  • Dooyema CA, Neri A, Lo YC, et al. Outbreak of fatal childhood lead poisoning related to artisanal gold mining in northwestern Nigeria, 2010. Environ Health Perspect 2012;120:601-7.
  • Al-Hawi SA, Wafai MZ, Kalaagi MR, Al-Ugum WA. Light of the eyes and the collector of arts, vol. 1286. Riyadh, Saudi Arabia: King Faisal Center for Research and Islamic Studies; 1980:142.
  • Hardy AD, Vaishnav R, Al-Kharusi SSZ, Sutherland HH, Worthing MA. Composition of eye cosmetics (kohls) used in Oman. J Ethnopharmacol 1998;60:223-34.
  • Woolf AD, Hussain J, McCullough L, Petranovic M, Chomchai C. Infantile lead poisoning from an Asian tongue powder: a case report & subsequent public health inquiry. Clin Toxicol (Phila) 2008;46:841-4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ