一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)紙巻きたばこと燃焼性たばこの消費-アメリカ、200・・・

MMWR抄訳

rss

2012/08/03Vol. 61 / No. 30

MMWR61(30):565-569
Consumption of Cigarettes and Combustible Tobacco - United States, 2000-2011

紙巻きたばこと燃焼性たばこの消費-アメリカ、2000~2011年

喫煙は有害な健康転帰、特に癌や心血管疾患、肺疾患を誘発する。喫煙率および喫煙行動を評価するための標準的アプローチには、一般市民の代表サンプルの調査および個人の喫煙行動に関する質問調査と、たばこ税のデータに基づいた消費量推定という2種類がある。CDCは一般市民を対象にした調査結果に基づき全国および州別の喫煙率を定期的に報告しているが、推定消費量については報告していない。2000~2011年の燃焼性たばこ(紙巻きたばこ、手巻きタバコ、パイプたばこ、小型葉巻、大型葉巻)の消費量を推定するため、CDCはU.S. Department of Treasury’s Alcohol and Tobacco Tax and Trade Bureau(TTB)のたばこ税のデータを分析した。2000年から2011年にかけて、燃焼性たばこの年間総消費量(紙巻きたばことして)は4,507億本から3,266億本へと27.5%減少し、成人1人あたりの燃焼性たばこ製品の消費量は2,148本から1,374本へと36.0%減少した。この期間中、紙巻きたばこの消費量は32.8%減少したが、紙巻きたばこ以外のたばこ(手巻きたばこ、パイプたばこ、葉巻)の消費量は123.1%増加し、結果として燃焼性たばこ全体の消費量に対する紙巻きたばこ以外のたばこの消費量の割合は2000年の3.4%から2011年には10.4%に上昇した。このデータは、一部の喫煙者が紙巻きタバコからより税金の安い他の燃焼性たばこ製品に変更したことを示唆する。たばこ製品の値上げは喫煙率低下と若者の喫煙開始を防ぐための最も効果的な方法のひとつだが、より安い燃焼性たばこへの変更はこの効果を弱めることになる。

References

  • US Department of Health and Human Services. A report of the Surgeon General: how tobacco smoke causes disease: the biology and behavioral basis for smoking-attributable disease, 2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <ttp://www.surgeongeneral.gov/library/reports/tobaccosmoke/index>. html. Accessed July 30, 2012.
  • US Department of Health and Human Services. Ending the tobacco epidemic: a tobacco control strategic action plan for the US Department of Health and Human Services. Washington, DC: Office of the Assistant Secretary for Health; 2010. Available at <http://www.hhs.gov/ash/initiatives/ tobacco/tobaccostrategicplan2010.pdf>. Accessed July 30, 2012.
  • Hatziandreau EJ, Pierce JP, Fiore MC, Grise V, Novotny TE, Davis RM. The reliability of self-reported cigarette consumption in the United States. Am J Public Health 1989;79:1020-3.
  • CDC. Vital Signs: current cigarette smoking among adults aged -18 years-United States, 2005-2010. MMWR 2011;60:1207-12.
  • Economic Research Service, US Department of Agriculture. Tobacco outlook. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2007. Available at <http://usda.mannlib.cornell.edu/usda/current/TBS/TBS- 10-24-2007.pdf>. Accessed July 30, 2012.
  • Alcohol and Tobacco Tax and Trade Bureau. Tobacco statistics. Washington, DC: US Department of Treasury, Alcohol and Tobacco Tax and Trade Bureau. Available at <http://www.ttb.gov/tobacco/tobacco-stats.shtml>. Accessed August 1, 2012.
  • Government Accountability Office. Tobacco taxes: large disparities in rates for smoking products trigger significant market shifts to avoid higher taxes. Washington, DC: Government Accountability Office; 2012. Available at <http://www.gao.gov/products/gao-12-475>. Accessed July 30, 2012.
  • Morris DS. Tobacco manufacturing data demonstrate industry product switching in response to tax increases. Tob Control 2010;19:421-2.
  • Morris DS, Tynan MA. Fiscal and policy implications of selling pipe tobacco for roll-your-own cigarettes in the United States. PLoS One 2012;7:e36487.
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults, 2012: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/ preventing-youth-tobacco-use/index.html>. Accessed July 30, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ