一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)高校生におけるHIV関連危険行動の傾向-アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/27Vol. 61 / No. 29

MMWR61(29):556-560
Trends in HIV-Related Risk Behaviors Among High School Students - United States, 1991-2011

高校生におけるHIV関連危険行動の傾向-アメリカ、1991~2011年

アメリカのNational HIV/AIDS Strategyの3つの目標のうちの1つに、新たにHIVに感染する患者を減少させることが挙げられている。アメリカにおけるHIV新規例のうち39%は15~29歳が占めており、その原因として性行為、複数のパートナーとの性行為、避妊具を使用しない性行為および静注ドラッグの使用などが考えられている。ここでは高校生におけるHIV関連危険行動について、CDCによるYouth Risk Behavior Survey (YRBS)の1991~2011年のデータ分析結果を報告する(対象:9~12年生、回答率:60~71%)。1991~2011年において、性行為経験率は全体で54.1%から47.4%に低下(男子:57.4%から49.2%、女子:50.8%から45.6%)し、人種別ではラテン系では変動は認めなかったが、黒人および白人ではともに有意に低下した。複数のパートナー(4人以上)との性行為は全体で18.7%から15.3%に減少し、避妊具の使用率は46.2%から60.32%へと増加していた。また、1995~2011年における静注ドラッグの使用率に有意な変動はなく、黒人およびラテン系の生徒にて有意に増加していた(それぞれ1.1%から2.4%、2.2%から2.9%)。人種による性行為経験率の相違は1991年の32ポイント(黒人:81.5%、白人:50.0%)から2011年には16ポイント(黒人:60.0%、白人:44.3%)に縮小したが、HIV関連危険行動は依然として黒人にて有意に高率であり、静注ドラッグ使用率の低下とともに今後の課題である。新たなHIV感染例の減少には若者への教育努力とリスク低下のための介入が必要であることが改めて示された。

References

  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: The White House, Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/sites/default/ files/uploads/NHAS.pdf>. Accessed July 20, 2012.
  • CDC. HIV among youth. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/youth/ index.htm>. Accessed July 20, 2012.
  • CDC. Youth Risk Behavior Surveillance-United States, 2011. MMWR 2012;61(No. SS-4).
  • Eaton DK, Lowry R, Brener ND, Kann L, Romero L, Wechsler H. Trends in human immunodeficiency virus- and sexually transmitted disease-related risk behaviors among U.S. high school students, 1991-2009. Am J Prev Med 2011;40:427-33.
  • National Center for Education Statistics. Common core of data: public elementary/secondary school universe survey. Washington, DC: US Department of Education, National Center for Education Statistics. Available at <hhtp://nces.ed.gov/ccd>. Accessed July 20, 2012.
  • Brener ND, Kann L, McManus T, Kinchen SA, Sundberg EC, Ross JG. Reliability of the 1999 Youth Risk Behavior Survey questionnaire. J Adolesc Health 2002;31:336-42.
  • CDC. Guide to community preventive services. Prevention of HIV/AIDS, other STIs and pregnancy: group-based comprehensive risk reduction interventions for adolescents. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www. thecommunityguide.org/hiv/riskreduction.html>. Accessed July 20, 2012.
  • CDC. HIV, other STD, and pregnancy prevention education in public secondary schools-45 states, 2008-2010. MMWR 2012;61:222-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ