一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)女性における妊娠前の健康指標-テキサス州、2002・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/27Vol. 61 / No. 29

MMWR61(29):550-555
Preconception Health Indicators Among Women - Texas, 2002-2010

女性における妊娠前の健康指標-テキサス州、2002~2010年

胎児の発達には受胎から数週間が最も重要であるが、多くの女性はこの期間を過ぎるまで妊娠に気が付かないため、有害な妊娠転帰を予防するには受胎する前から適切な健康管理を行う必要がある。Texas Department of State Health Servicesは2002~2010年に出産したテキサス州の女性15,386名(13~47歳)のPregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS)データを分析した。全体で46%が妊娠は意図的ではなかったと回答し、妊娠前3ヶ月間に飲酒していた女性が45%(うち18%は大量飲酒)に上った。また、75%が総合ビタミン剤を摂取せず(うち63%は全く摂取したことがないと回答)、17%が喫煙し、40%が適切な運動を行っていなかったと回答し、さらに体重過少:5%、体重過多:24%、肥満:22%、貧血:13%が認められた。妊娠前の医療保険に関しては、48%が無いと回答した。人種別では非ラテン系白人女性に比べ非ラテン系黒人およびラテン系女性にて肥満率がそれぞれ50%、30%高く、運動不足、体重過多およびビタミン剤未摂取率は約20%高値であった。また、非ラテン系黒人女性では高血圧および貧血の有病率が非ラテン系白人女性に比べ約3倍、糖尿病は約2倍高く、ラテン系女性では非ラテン系白人女性に比べ糖尿病は約80%、貧血は約60%多く認められた。飲酒および大量飲酒率は20~34歳の非ラテン系白人女性にて高かった。医療保険に入っていない女性は妊娠が意図的、非意図的であるに関わらず飲酒、喫煙、運動不足、ビタミン剤未摂取などの不適切な行動をとっており、妊娠前の健康およびヘルスケアにおけるこれらの不均衡を是正し、妊娠転帰を改善するための積極的な介入の必要性が示唆される。

References

  • Schulman H, Gilbert BC, Lansky A. The Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS): current methods and evaluation of 2001 response rates. Public Health Rep 2006;121:74-83.
  • Texas Department of State Health Services. 2009 natality file. Austin, TX: Center for Health Statistics, Texas Department of State Health Services; 2012. Available at <http://www.dshs.state.tx.us/chs/vstat/vs09/ anrpt.shtm>. Accessed July 23, 2012.
  • Atrash H, Jack BW, Johnson K, et al. Where is the “W”oman in MCH? Am J Obstet Gynecol 2008;199(6 Suppl 2):S259-65.
  • CDC. Recommendations to improve preconception health and health care-United States. MMWR 2006;55(No. RR-6).
  • Association of Maternal and Child Health Programs. Preconception health success stories. Pulse. Nov 2008. Available at <http://www.amchp.org/ aboutamchp/newsletters/pulse/archive/2008/november08/pages/ successstories.aspx>. Accessed June 20, 2012.
  • Broussard DL, Sappenfield WB, Fussman C, Kroelinger CD, Grigorescu V. Core state preconception health indicators: a voluntary, multi-state selection process. Matern Child Health J 2011;15:159-68.
  • MacDorman MF, Mathews TJ. Behind international rankings of infant mortality: How the United States compares with Europe. NCHS data brief, no 23. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db23.pdf>. Accessed July 20, 2012.
  • Institute of Medicine. Child and adolescent health and healthcare quality: measuring what matters. Washington, DC: The National Academies Press; 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ