一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)C型肝炎ウイルス感染症の予防およびコントロールの進・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/27Vol. 61 / No. 29

MMWR61(29):545-549
Progress Toward Prevention and Control of Hepatitis C Virus Infection - Egypt, 2001-2012 

C型肝炎ウイルス感染症の予防およびコントロールの進歩-エジプト、2001~2012年

エジプトにおける慢性C型肝炎ウイルス(HCV)感染症の罹患率は世界で最も高く、15~59歳では約10%である。これはエジプトの医科および歯科治療における感染コントロールが不適切であることが原因であり、Egyptian Ministry of Health and Population (MOHP)は2001年より保健医療関連のHCV感染を抑制するための感染症コントロールプログラム(ICP)を開始し、2008年には看護および治療プログラムも実施している。エジプトにおけるHCVの流行は1960~1980年に始まり、発症率は1,000例-年あたり2.4、年間の新規感染例は165,000例、2008年における慢性HCV感染例は600万人と推定されている。男女別の罹患率は男性:12%、女性:8%、年齢に伴い上昇し、50歳以上では25%を超え、また、地域別では都市部:7%、地方:12%である。主感染源は注射であり、2001年に行われた約28,000万回の注射のうち約8%(2,300万回)は安全に行われておらず、医療関係者の専門的技術の不足やICPの不備および認識不足のほか、不適切な再処理、殺菌処理および廃棄方法などの問題が明らかとなった。MOHPによるICPの実施によりこれらの問題が改善され、感染症コントロールスコアは2003年:19.0から2011年:68.9となり、透析施設(n=60)ではICP開始後3年で年間発症率が28%から6%へ低下した。MOHPは2006年にNational Committee for the Control of Viral Hepatitis (NCCVH)を設立、2008年4月までにHBV、HCV発症率の低下を目的としたサーベイランスと治療を開始し、2008~2011年には約190,000例が看護および治療を受け、51%の症例が持続性ウイルス陰性化に至っているが、C型肝炎の流行は依然として続いており、今後も予防およびコントロールの包括的なプログラムを実施するとともにサーベイランスおよびモニタリングシステムを確立し、コントロールプログラムの効果を追跡すべきと考える。

References

  • The Global Burden of Hepatitis C Working Group. Global burden of disease (GBD) for hepatitis C. J Clin Pharmacol 2004;44:20-9.
  • El-Zanaty F, Way A. Egypt demographic and health survey 2008. Cairo, Egypt: Ministry of Health, El-Zanaty and Associates, and Macro International; 2009. Available at <http://www.measuredhs.com/pubs/ pdf/fr220/fr220.pdf>. Accessed July 18, 2012.
  • Paez Jimenez A, Mohamed MK, Sharaf Eldin N, et al. Injection drug use is a risk factor for HCV infection in urban Egypt. PloS One 2009; 4:e7193.
  • Paez Jimenez A, Sharaf Eldin N, Rimlinger F, et al. HCV iatrogenic and intrafamilial transmission in greater Cairo, Egypt. Gut 2010; 59:1554-60.
  • Strickland G. Liver disease in Egypt: hepatitis C superseded schistosomiasis as a result of iatrogenic and biological factors. Hepatology 2006;43:915-22.
  • Mostafa A, Taylor S, El-Daly M, et al. Is the hepatitis C virus epidemic over in Egypt? Incidence and risk factors of new hepatitis C virus infections. Liver Int 2010;31:560-6.
  • Talaat M, El-Oun S, Kandeel A, et al. Overview of injection practices in two governorates in Egypt. Trop Med Int Health 2003;8:234-41.
  • Talaat M, Kandeel A, Rasslan O, et al. Evolution of infection control in Egypt: achievements and challenges. Am J Infect Control 2006; 34:193-200.
  • Ford N, Singh K, Cooke GS, et al. Expanding access to treatment for hepatitis C in resource-limited settings: lessons from HIV/AIDS. Clin Infect Dis 2012;54:1465-72.
  • Deuffic-Burban S, Mohamed M, Larouze B, Carrat F, Valleron A. Expected increase in hepatitis C-related mortality in Egypt due to pre- 2000 infections. J Hepatol 2006;44:455-61.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ